全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夏の交安全運動スタート 事故防止と環境浄化を

パレードで交通安全や美崎町歓楽街の環境浄化を呼び掛ける参加者ら=10日夕、美崎町

 「大丈夫? 昨日のお酒も 気を付けて」をスローガンに、夏場増加傾向にある飲酒運転や交通事故の防止に向け「令和元年夏の交通安全県民運動」が10日、県内一斉に始まった。20日まで。運動開始に当たり、石垣市交通安全推進協議会(会長・中山義隆市長)は、交通安全運動と美崎町歓楽街環境浄化運動の合同出発式を10日夕、沖縄銀行八重山支店駐車場で行い、関係機関や団体が、事故防止と歓楽街の浄化に決意を新たにした。

 例年の交通安全運動に加えて今年は、美崎町歓楽街における悪質な客引き行為やぼったくり営業、反社会的勢力の進出防止などを目的に美崎町歓楽街環境浄化運動も兼ねて行われる。

 八重山署(島尻重美署長)によると、管内の人身事故は6月末時点で37件発生。このうち交差点での事故が23件と最も多く、高齢者が第一当事者となった事故も12件あった。物件事故は864件と前年より70件増。このうち入域観光客増加に伴うレンタカーの事故が46%を占め、これから夏場にかけ、さらに増加が懸念されている。

 これを受け今年度は▽飲酒運転の根絶▽二輪車の交通事故防止▽子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止|3点に重点を置き運動が展開される。

 出発式で、同協議会会長の中山市長は「市民や観光客の正しい交通マナーの実践とルールの順守を習慣づけ、交通事故の抑止を図りたい」と決意。また、近年増加している高齢運転者事故に触れ、「離島ならではの車事情を考えると、安易に免許返納を促すだけでなく、急発進抑制装置の設置補助など市民が安心できる制度を検討している」と述べた。

 島尻署長は「反社会的勢力が最も恐れるのは地域の方々の団結とその声。美崎町がより良い環境となるよう取り組みを推進していただき、発生した問題は八重山署へ相談を」と呼び掛けた。

 出発式の後、石垣第二中学校マーチングバンド部を先頭に美崎町をパレードし、安全運転と歓楽街の環境浄化を呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク