全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

風評払拭へ誘客に奮闘  あつみ温泉・湯野浜温泉

 本県沖を震源とする先月18日の地震の影響を受けた鶴岡市のあつみ温泉で、誘客策が展開されている。旬の食や、浴衣での温泉街散策イベントでPR。関係者は「温泉街の元気な姿を見てもらいたい」と話す。

 温泉街の旅館は地震の影響で一時休業に追い込まれたが、今月1日には全旅館が再開。観光のハイシーズンの遅れを取り戻そうと、奮闘している。

 13(土)、14(日)、15(月)の3連休には、浴衣イベント「ふだんぎ、ゆかた。」が開催される。温泉街への立ち寄り客をメーン対象に、浴衣を着て散策してもらい、店舗でスイーツのプレゼントや地酒の試飲、商品割引といった内容の特典、バラを浮かべた足湯、プロカメラマンによる無料の写真撮影を楽しんでもらう。

 主催するあつみ温泉魅力づくり推進委員会「若手の会」の佐藤鉄平たちばなや専務取締役は「あつみ温泉で従来展開してきた浴衣イベントをグレードアップして開催。宿泊予約の方も7月以降、順調に入ってきている。お客さんからイベントを楽しんでもらって元気なあつみ温泉を広めたい。温泉街応援の機会になれば」と話す。

 浴衣は、持参も可能だが、げたや帯なども含めレンタル一式で600円。男性用もある。着付けは無料サービス。温泉街12店舗の中から3店舗を選び、各特典を受けられる。時間はいずれも午前11時から午後5時まで。

 足湯カフェ「チットモッシェ」では7月以降、天然岩ガキをはじめ、半分に割ったアンデスメロンの上に地元製氷工場から取り寄せた氷を使った豪勢な「プレミアム生メロン氷」(税抜き980円)などこだわりの逸品をメニューに加え、客を呼び込む。

 漁業者の土田信明さん(59)=同市暮坪=によると、地元産岩ガキは「近年は小さくて売り物にならないものも多かったが、今年は身入りがすごくいい」と自信を持って話す。同カフェを運営するまちづくりチームYUKAIの五十嵐公行代表は「地震前よりもにぎやかなあつみ温泉を目指して頑張りたい」と話す。

チットモッシェで提供する新メニュー。地元産岩ガキ(手前)と豪勢なメロンのかき氷

 鶴岡市の湯野浜温泉観光協会(筒井重浩会長)の旅館で12日から、大型観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、出羽三山参りの後に行われる「精進落とし」の伝統文化を参考にした「過去・現在・未来の献立」の取り組みがスタートする。料理に合わせ、「湯野浜温泉 日本酒の流儀」と題した市内7つの酒蔵の銘酒の提供も行う。

 今年10月に本番を迎える新潟県・庄内エリアDCで、同市では昨年のプレDCから「詣でる・つかる・いただきます」をテーマに、手拭いスタンプラリーを活用した4温泉共通の誘客事業を展開している。

 同観光協会は、このテーマを基に、「生まれかわりの旅」として過去(月山)・現在(羽黒山)・未来(湯殿山)を巡る出羽三山参りになぞらえて、各旅館が夕食で新たな取り組みを始める。ごま豆腐あんかけやもって菊のおひたしなど懐かしい郷土料理の味を「過去」、刺し身や加茂港のベニズワイガニ、口細カレイの素焼きなど新鮮な庄内の恵みを「現在」、庄内豚の大和煮やだだちゃ豆アイスなどの創作料理を「未来」と位置付け、旅館ごとに工夫して提供。夕食時には「湯野浜温泉 日本酒の流儀―県産米で仕込んだ7つの厳選酒を盃洗で味わう」と題し、市内7つの酒蔵の銘酒を提供。関係者が地元の酒蔵視察や日本酒の研修を通じて地酒の歴史や特徴を学び、地元の料理と合う地酒の銘柄などを宿泊客らに紹介するための独自の「日本酒メニューブック」を作成するなど準備を進めてきた。

 12日からは亀や、游水亭いさごや、愉海亭みやじま、龍の湯、ホテル満光園の5施設。DC本番の10月1日から海辺のお宿一久、竹屋ホテル、華夕美日本海の3施設でスタートする。

関連記事

忘勿石之碑 慰霊祭の継承が課題 「語り部育成し記憶つなぐ」

 戦争体験者が年々減る中、竹富町内でも戦後生まれの町民が全体の9割を占めている。戦争マラリアの記憶を次世代にどう継承していくかが課題となっており、忘勿石之碑慰霊祭の開催もそのひとつだ。  慰霊...

長野日報社

岡谷市土石流災害から1年 知人や地元住民が献花 長野県

昨年8月、大雨により母子3人が犠牲となった長野県の岡谷市川岸東の土砂災害から15日で1年が経過した。この日、母子がいた住宅の跡地には、朝から被害者の知人や地元住民らが訪れ、花を手向けたり手を合...

豊川海軍工廠跡地で学ぶ平和行政

新規採用の市職員  豊川市は8日と10日、今年度採用した職員に対し、豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園で、平和行政の学習をした。今年度から採り入れた新しいテーマ。  77年前の8月7日に市内で実際...

核の恐さ被爆体験で訴え 広島の八幡さん 苫小牧市非核平和都市条例施行20周..

1945年8月、広島市己斐本町(現・西区)の自宅で被爆した八幡照子さん(85)=広島県府中町=による被爆体験証言会が13日、苫小牧市文化交流センターで開かれた。市と広島市の主催で、70人が来場。原...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク