全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

コッペパンに県の特産品挟み販売

6月に店を構えた山田さん夫妻(マルシェ中市内で)

 昨夏に東京から宇部市に移住した山田豊佳さん(47)と公美子さん(44)夫妻が、山口銘菓の外郎や下関市産のフグのフライなど、県の特産品をコッペパンに挟んで提供する「特産cafe やまのわ」を山口市中心商店街のマルシェ中市内に開いた。    鹿野ファーム(周南市)のソーセージを挟んだ「おかず系」から、創作洋菓子ロイヤル(宇部市)のチョコレートを塗った「おやつ系」まで22種類を税込み180~390円で販売している(ハーフサイズあり)。パンの具材にかける調味料のほか、県内の事業者が手掛ける飲料や銘菓なども幅広く販売しており、特産品を「知って、食べて、買える」が店のコンセプト。公美子さんが調理を担当する。    豊佳さんは5歳まで上関町で過ごした。東京で商社マンとして働く中、各地の特産品が並ぶアンテナショップを訪ねた際に、「もともと地域で食べられていた食材が、東京に持っていくためだけの〝特産品〟になっているのではないか」と感じ、「特産品を家庭の食卓に取り戻したい」「豊富な山口県の食材を広めたい」と出店を決意。移住後は県内各地のメーカーを1軒ずつ訪問し、賛同してくれる事業者を増やした。    店名の「やまのわ」は山口県の輪が広がるようにと命名。「今後は空港やJRの駅などに屋台を構え、旅行者が回れなかった地域の特産品が味わえる場を提供できたら」と思いを語った。    時間は午前9時半~午後7時。日曜・祝日休み。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク