全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受け収量は少なめだが、収穫前に好天が続き、うま味と甘味は十分」と話している。収穫は今月18日ごろまで行われ、続いてだだちゃ豆の早生品種の小真木や早生甘露の収穫が始まる。

超極早生品種の「つるおかぼんちゃ」の収穫が始まった=7日、鶴岡市寺田のほ場

 つるおかぼんちゃは、元山形大農学部客員教授の赤澤經也さんが庄内の在来品種「極早生だだちゃ」を品種改良し育種したもので、2013年3月に品種登録された。この時期の枝豆としては甘味が強く、良食味と独特の香りが特長。鶴岡市内では13年から栽培が本格化した。

 同市布目の庄内観光物産館ふるさと本舗と契約栽培している「ふるさと本舗直売グループ」(佐藤蘭子代表)では、農家5軒がつるおかぼんちゃを計約70㌃で栽培。このうち同市寺田の枝豆農家の石塚寛一さん(44)方では今年から関東エリアにも出荷予定で、7日に初収穫、初出荷した。石塚さんは今シーズンの枝豆の生育状況について、「4月下旬から5月の高温と乾燥、6月の長雨の影響を受け、早生種は全般的に収穫期が早まり、収量が減りそうだ」と話していた。

 つるおかぼんちゃは庄内観光物産館で販売。380㌘入り800円。問い合わせは同物産館=電0235(25)5111=へ。            

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク