全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

全国243艇、大島海峡疾走 2年ぶりシーカヤックマラソン  瀬戸内町

一斉にスタートするフルマラソンの選手=7日、鹿児島県瀬戸内町

 2019第27回奄美シーカヤックマラソンIN加計呂麻大会(瀬戸内町主催)が7日、鹿児島県瀬戸内町の古仁屋港を発着点にあった。昨年は台風接近で中止となったため、2年ぶりの開催。全国各地から7~89歳の老若男女394人が出場。各種色とりどりのカヤック243艇に乗り込み、大島海峡を疾走した。

 古仁屋港を発着点に、奄美大島側と加計呂麻島側のチェックポイントを巡るコース。潮流の影響で嘉鉄海岸は抜港とした。

 レースは午前9時半にフル(33キロ)、ハーフ(17キロ)の順にスタート。この日の天候は曇りだったが、レース終盤の午前11時には気温が28度近くまで上昇。にわか雨や時折、雲間から照りつける日差しが選手の体力を奪った。

 チェックポイントの海岸では、住民がチヂン(太鼓)を打ち鳴らして選手に熱い声援を送ったほか、飲み物や果物を手渡してサポートした。古仁屋中、古仁屋高の生徒86人がボランティアで大会運営に協力した。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク