全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ナニワボーイズ優勝 磯釣り、安次富さん制覇 与那国カジキ大会

総合優勝を果たしたナニワボーイズのメンバー。(左から)莨谷保晴さん、安田亮さん=7日午後、久部良漁港特設ステージ

 【与那国】第30回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(与那国町主催)最終日の7日、カジキ4本が釣り上げられ、2日間合計で7本の釣果で閉幕した。沖合でカジキを狙うトローリング部門では総重量115㌔のカジキを釣ったチーム「ナニワボーイズ」(大城哲也船長)が5度目の挑戦で初優勝。磯釣り部門では安次富徳太さん(24)=与那国=が制覇した。

 最終日はカジキ釣りトローリング部門が午前7時から午後4時まで行われた。65㌔、94㌔、102㌔のクロカワカジキ、25㌔のバショウカジキの4本の釣果があった。磯釣り部門は、午前9時から午後3時まで競技を行った。

 初日トップのまま逃げ切った「ナニワボーイズ」のリーダー、安田亮さん(45)=大阪府=は、「ラッキーだったと思う。予想外だった」と感想を述べ、「令和元年の記念すべき大会で優勝できた。来年もさらに盛り上げられるよう腕を磨きたい」と意気込んだ。初日に95㌔のクロカワカジキを釣った莨谷(たばこや)保晴さん(48)=同=は、「大きさ的には納得いかなかったが、一生懸命に釣った結果。来年はもっと大物を釣りたい」と次を見据えた。

 大物賞は獲得したのは、最終日に102㌔のクロカワカジキを揚げたチーム「WOLF」の大谷彰宏さん(54)=兵庫県=。カジキ釣りの元日本記録保持者でもある大谷さんは、同大会に23年連続出場。「次は総合優勝と1000ポンド(約450㌔)オーバーを狙いたい」と話した。

 磯釣り部門を制した安次富さんはグルクンなど16.2㌔を釣って優勝。作戦は釣ったグルクンをエサにした大物狙い。計画通り、10㌔のバラフエダイ(アカナー)など釣り上げて、初日からリード。2日目はさおが折れたことで途中で断念したが、「釣りは楽しくておいしい。釣りの引きは釣りでしか味わえない」と釣りの良さをPRした。

 会場では航空自衛隊南西航空音楽隊や、地元出身民謡歌手の宮良康正さん、長間孝雄さんが音楽でステージを彩った。

 最終日はこのほか、会場の久部良漁港でカジキの丸焼きが振る舞われ、町民や観光客が新鮮な海の幸に舌鼓を打った。大会30周年の節目として例年より100発多い、約700発の花火でフィナーレを迎えた。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク