全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝パンスイーツ 13日発売 「甘すぎずおいしい」

オドゥブレ十勝を使ったスイーツの商品説明する満寿屋商店の谷口宜司製造管理部主任補佐

 十勝パンを創る会(中島将好会長)が開発したオリジナルパン「オドゥブレ十勝」を使ったスイーツが、13日から会員の旭屋商店(芽室)と満寿屋商店(帯広)で販売されることになった。6日には試食会が帯広市内のホテルヌプカで開かれた。

 オドゥブレ十勝は長時間発酵のチャバタがベースでキタノカオリを使用。加水率が食パンの1.5倍以上あり、「みずみずしくもっちりした食感が特徴」(中島会長)。創る会は、管内のパン職人が地場産小麦の特徴を生かした商品づくりを目指し、2012年に設立。専門家の指導をもらい、候補パンをいくつか開発、18年4月に完成させた。

 創る会では幅広く食べ方を提案し、商品を知ってもらおうと、スイーツの商品化に初挑戦。試食会は、創る会の応援団「十勝パンを食べる会」(坂口琴美サポーター代表)が主催し、約30人が参加した。

 この日披露されたのは計7品。中島会長が代表の旭屋商店はオドゥブレを一度揚げ、黒蜜をはさみ、きな粉をまぶしたものなど2品、満寿屋はティラミス風や、桃とこしあんをはさんだものなど5品。母親と参加した女児(9)=稲田小3年=は「甘すぎず、どれもおいしかった」と笑顔だった。

 中島会長は「おいしく食べてもらえた。さらに改良を重ねたい」とした。

 両社とも販売品目や価格は検討中。満寿屋商店ではボヌールと麦音(いずれも帯広)で販売予定。

関連記事

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

紀伊民報社

あま~く香るマンゴーたわわ

 和歌山県白浜町堅田、堅田耕平さん(82)は、町内のビニールハウスで育てているマンゴーの収穫を始めた。例年より実が多くついたといい、ハウス内は甘い香りが漂っている。収穫は7月中旬から8月初旬にか...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク