全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

「2019さが総文」で披露する「瑞穂の恵み~豊年祭より~」を堂々と演じる八重山農林高校郷土芸能部の部員ら=6日夜、石垣市民会館大ホール

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人が保護者や地域の人々への感謝を込めて、日頃の稽古の成果を披露した。

 赤馬節で座開きし、高那節、黒島口説、サマーヨなどを生き生きと歌い踊り、全国大会で上演する奉納舞踊メドレー「瑞穂の恵み~豊年祭より~」では、先人たちが力を合わせて農作業にいそしむ様子や、豊年を共に喜ぶさまを躍動感あふれる踊りで再現。会場には万雷の拍手が鳴り響いた。

 新城部長はあいさつで「OB・OGや先生方、地域の皆さま、みずほ会の皆さま、保護者会の皆さま、関係する多くの方々に支えられてこの日を迎えることができました。結(ゆい)の気持ちで佐賀に八重山の風を吹かせたい」と述べた。

 同校OB・OGや職員らの「村遊び」、ダンス部のダンスや農業クラブの意見発表も公演に花を添え、公演後は同校旗頭委員会の生徒らが市民会館敷地内で「愛郷愛土」の旗頭を掲げて同部を激励し、来場者へ感謝を伝えた。

 2019さが総文は7月30日から6日間、佐賀県で開催される。同部は武雄市文化会館で開かれる「郷土芸能の部」に8月1日午前9時56分に登場する。

関連記事

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

貨幣に関する歴史「時の金なり」展

 豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階の第5展示室で、ミニ企画展・歴史資料のさまざま「時の金なり」が開催されている。15日まで。  同館の収蔵品から硬貨や紙幣といった貨幣に関する約80点を展示。12世紀半...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク