全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

4号機13日打ち上げ ISTのMOMO 大樹

公開されたMOMO4号機とISTの社員たち。右から3人目が稲川貴大社長

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は4日午前、観測ロケット・MOMO(モモ)4号機の打ち上げ日を13日と発表した。高度100キロ以上の宇宙空間に到達した3号機の打ち上げ(5月4日)から約2カ月で連続成功を目指す。延期した場合の予備日は14、20、27、28の4日間とした。

 町多目的航空公園内の町宇宙交流センターSORAで記者会見を開いた。稲川社長は「高頻度で打ち上げることで宇宙への輸送サービスとして付加価値を付ける。4号機の成功でスピード感、実績を積み上げ、商業化へ向かいたい」と述べた。

 13日は午前11時5分~午後0時半に町浜大樹の実験場から打ち上げる。天候や機体の状況などによって、午後4時20分~同5時20分の夕方にずらす。

 14日は朝(午前5時15分~同8時)、昼、夕の3つの時間帯で打ち上げを想定する。20日、27日、28日の時間帯は未定。

 前回に続き高知工科大の超低周波音観測装置のほか、宇宙から飛ばす折り紙飛行機3機、町産チーズを使ったチーズハンバーガー、高級コーヒー豆、特殊素材の眼鏡、縫いぐるみを搭載。蒸留した日本酒を燃料のエタノールに混ぜるなど七つのミッションを行う。

 打ち上げ日は同公園で観覧イベント「スペースフェスタ」(実行委員会主催)が開かれる。13、14日のみ。

 4号機は3号機と同じ機体(長さ10メートル、直径50センチ)で、液体燃料を使用する。3号機は高度113.4キロまで達し、民間単独開発のロケットとしては国内初の宇宙空間到達を果たした。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク