全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

育てた野菜と花をJAで販売 川原小学校

ニンジンやジャガイモなどを販売する川原小学校の児童たち=4日午前、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場

 川原小学校(荻堂哲校長、児童22人)の児童19人と、かわはら幼稚園(同園長、園児5人)の園児4人の計23人が4日午前、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場で「川原マーケット」を開き、自分たちで育てた野菜と花を販売した。売り上げはミャンマーの開発途上の村の井戸製作に生かされる。  ニンジン、ジャガイモの野菜と、マリーゴールド、パンジー、サルビア、カランコエの花を販売。児童たちは▽社長・副社長▽営業▽デザイン▽会計▽アルバイト—の五つに分かれて、それぞれの業務をこなした。  寒い中、児童たちは「いらっしゃいませ」「安いですよ」と声を張り上げ、商品をPR。野菜をほぼ完売し、花は3分の2程度を売った。売り上げは5万6650円で目標額の4万円を大きく上回った。  社長の前本結さん(6年)は「井戸ができるのはうれしいし、大事に使ってほしい。来年以降は後輩に託すことになるが、売り上げを伸ばすと同時に、いろんな種類の野菜や花を育ててほしい」と期待した。  嫁から聞いて初めて来たという60代の女性は「(児童らが)生き生きしていていい。野菜の種類があればもっといいと思う」と感想。孫の凜さん(4年)と優月さん(1年)が活動に参加しているという當銘多美子さん(59)は「堆肥をたくさん入れるなど管理もしっかりしているみたい。とてもいい活動で、今後もずっと続いてほしい」と語った。  同マーケットは生産から販売までを行う同校の「プロジェクトK」の一環で、本年度で2回目。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク