全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高校制服 女子もスラックス 十勝

 女子の制服にスラックス(ズボン)を採用する高校が十勝でも増えている。LGBT(性的マイノリティー)の意識の高まりの他、寒さ対策などが背景にあり、今年度からは新たに帯広緑陽や幕別清陵でも、スカートとスラックスを選べる選択式になった。学生服メーカーによると、全国的にスラックスを導入している学校はこの20年間で拡大している。

今年度開校した幕別清陵の女子制服。スカートとスラックス、ネクタイ、リボンなど自由に選べ、おしゃれに着こなせるよう工夫されている

 今年度開校した幕別清陵(澤田慎也校長、生徒102人)は、女子の制服をスカートとスラックスから選べるようにしたところ、スカートを着用している生徒が多いものの、スカートとスラックスの両方を購入している生徒もいるという。同校でのスラックス導入の理由は、近年広がりを見せるLGBTへの配慮に加えて、冬の寒さ対策が理由だ。

 スラックスを着用している生徒は「動きやすいし、自転車にも乗りやすい」、「中学がスカートだったから高校ではスラックスを選んだ」など理由はさまざま。同校の女子制服はリボンとネクタイのどちらかを選ぶことができ、「スカートとスラックスにどう組み合わせるかも楽しい」という声もあった。

 帯広緑陽も同様の理由で女子の制服にスラックスとネクタイを今年度から導入。学生服メーカー最大手の「菅公(かんこう)学生服」(岡山市)によると、女子の制服でスラックスを採用している学校は全国的に増加傾向にあり、担当者は「現在は中・高校合わせて800校ほどに納品している」と話す。

 十勝では既に帯広大谷や白樺学園などでもスラックスを採用している。

 このうち帯広大谷は2009年に制服を改定した際、健康面への配慮を理由に新たに採用した。保護者からは「冬のスカートは足を冷やさないか心配。選べることはいいと思う」と言う意見もあり、スカートとスラックスを使い分け、冬場にはスラックスを着用する生徒が増えているという。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク