全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

高校制服 女子もスラックス 十勝

 女子の制服にスラックス(ズボン)を採用する高校が十勝でも増えている。LGBT(性的マイノリティー)の意識の高まりの他、寒さ対策などが背景にあり、今年度からは新たに帯広緑陽や幕別清陵でも、スカートとスラックスを選べる選択式になった。学生服メーカーによると、全国的にスラックスを導入している学校はこの20年間で拡大している。

今年度開校した幕別清陵の女子制服。スカートとスラックス、ネクタイ、リボンなど自由に選べ、おしゃれに着こなせるよう工夫されている

 今年度開校した幕別清陵(澤田慎也校長、生徒102人)は、女子の制服をスカートとスラックスから選べるようにしたところ、スカートを着用している生徒が多いものの、スカートとスラックスの両方を購入している生徒もいるという。同校でのスラックス導入の理由は、近年広がりを見せるLGBTへの配慮に加えて、冬の寒さ対策が理由だ。

 スラックスを着用している生徒は「動きやすいし、自転車にも乗りやすい」、「中学がスカートだったから高校ではスラックスを選んだ」など理由はさまざま。同校の女子制服はリボンとネクタイのどちらかを選ぶことができ、「スカートとスラックスにどう組み合わせるかも楽しい」という声もあった。

 帯広緑陽も同様の理由で女子の制服にスラックスとネクタイを今年度から導入。学生服メーカー最大手の「菅公(かんこう)学生服」(岡山市)によると、女子の制服でスラックスを採用している学校は全国的に増加傾向にあり、担当者は「現在は中・高校合わせて800校ほどに納品している」と話す。

 十勝では既に帯広大谷や白樺学園などでもスラックスを採用している。

 このうち帯広大谷は2009年に制服を改定した際、健康面への配慮を理由に新たに採用した。保護者からは「冬のスカートは足を冷やさないか心配。選べることはいいと思う」と言う意見もあり、スカートとスラックスを使い分け、冬場にはスラックスを着用する生徒が増えているという。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク