全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪市四賀小6年生 液状化現象を学ぶ

藤森土木建設の高山さんらから液状化現象などを学び防災マップ作りに生かす四賀小6年生

 諏訪市四賀小学校で28日、6年生の液状化現象の授業があった。学区内の防災マップ作りの一環で同市のハザードマップを見て、丘陵地にある同校の危険度が平坦部より高いと知ったことがきっかけ。藤森土木建設(同市上川)の高山徳也土木部長ら3人を講師に、約40人が液状化が起こる条件や、土砂崩れと崖崩れの違いを通して地質と災害の関係を学び、マップ作りに役立て防災意識を高めた。

 マップ作りは総合的な学習の時間で取り組む。これまで通学区ごと危険な石垣や建物などを踏査。今月の集団下校中での避難訓練に生かし、通学班のリーダーとして低学年を安全な避難や身の確保に導いた。

 高山さんは模型で液状化現象を示し「液状化は水位が浅い、地盤が柔らかい、砂の層―の3条件がそろわないと起きない」。土砂崩れは水を含まない層に大雨で水が入って層が滑る現象だとし、「地震の振動で層の内部の摩擦抵抗が軽減されて起こる崖崩れとは別」と話した。

 また、同校の台地が形成された経過から、砂質の層の上に校舎があると説明。児童たちは「そういうことだったのか」と納得。校庭の砂と水を入れたコップを強く揺らし水が表面に上がる実験で、液状化のメカニズムも自ら学んだ。溝口一騎君(11)は「大きい地震が起こる確率が高いといわれるので、危ない場所から離れるように気を付けたい」と話していた。

 今後は、安全な場所も調査し、7月からマップ作りに着手する。文科省の防災マップコンクールにも応募する予定でいる。

関連記事

長野日報社

「竜峡小梅」もぎたて出荷 中川村片桐田島

中川村を中心とした上伊那南部特産の小梅「竜峡小梅」の出荷が最盛期を迎えた。JA上伊那果実選果場の飯島集荷場にも連日、上伊那各地の農家から、もぎたての小梅が持ち込まれている。 JA上伊那本所...

「次会えるときには」

田原在住・視覚障害者の柳田さんがエール送る楽曲制作  新型コロナウイルス禍で、外出自粛を続ける人たちへエールを送る楽曲を田原市南神戸町の視覚障害者、柳田知可さん(34)が制作した。タイトルは...

荘内日報社

コロナ早期終息を願い 赤も鮮やかな大提灯設置 善寳寺

 鶴岡市下川の名刹(めいさつ)・龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)に赤色も鮮やかな大提灯が新たに納入され、27日、開灯式が行われた。本堂の正面に取り付けられたもので、大きく「龍王尊」の文字が記された。 ...

紀伊民報社

イタドリの優良系統苗を販売 バイオセンター中津

 和歌山県日高川町高津尾のバイオセンター中津は6月から、郷土山菜イタドリ(別名ゴンパチ)の優良系統苗「東牟婁3」の販売を始める。1日から電話予約を受け付け、15日から苗の引き渡しを行う。栽培や植...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク