全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゆり根大福 道外デビュー 幕別・道の駅忠類人気商品

どさんこプラザでの試験販売が決まった「純白ゆり根大福」

 道の駅忠類(幕別町忠類白銀町、小竹淳店長)の人気商品「純白ゆり根大福」が7月1日から道の公式アンテナショップ「北海道どさんこプラザ」でテスト販売され、道外デビューする。道の駅忠類の商品が道外で販売されるのは初めてで、小竹店長は「忠類のユリ根の認知度を高めたい」と話している。

 純白ゆり根大福は昨年8月に発売。とかち製菓(中札内)が製造し、忠類特産のユリ根を白インゲンのあんに練り込み、道産もち米を使った餅で包んだ。

 発売後約1カ月で2000パックを売り上げ一躍人気商品に。1箱(45パック入り)を購入する人の姿も見られ、現在までの累計販売数は8000パックを超えた。忠類の新たな土産品として定着しつつある。

 どさんこプラザでのテスト販売は東京有楽町、名古屋、札幌の3店で実施。3カ月の期間限定で、平均60点ほどあるテスト商品の中で販売個数が上位2分の1以上の商品はさらに3カ月延長される。ここでも上位に入れば定番商品として店に置かれる。

 「純白ゆり根大福」はどさんこプラザで1パック(2個入り)400円で販売する。

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク