全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

甘酸っぱい紫色の"宝石" 勇払原野にハスカップ

勇払原野で実ったハスカップ

 苫小牧市内の勇払原野で野生のハスカップが実を付けていた。まだ緑色の若い実もあったが、半分ほどが濃い紫色に熟していた。東胆振に初夏を運ぶ自然の風物詩だ。

 標準和名はクロミノウグイスカズラ。高さ1~2メートルの落葉低木で勇払原野の象徴的な植物で、冷涼な気候が栽培に適している。1986年に苫小牧市の木の花に制定され、市民にも親しまれているなじみの存在だ。

 品種改良された種類は市内や厚真町などの農地で栽培。その実はジャムや菓子などの原料として利用されている。野生の実が多かった時代は摘みにいく市民もいたが、土地開発で株の数が減少。今ではその光景も見られなくなった。

 栄養豊富で甘酸っぱい紫色の小さな”宝石”。爽やかな風に揺れながら郷土の大地でしっかりと育っていた。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク