全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

Aコープ跡にセコマ 池田町産野菜コーナーも設置

 道内最大手のセコマ(本社札幌市、丸谷智保社長)は27日、4月に閉店したJA十勝池田町(鈴木雅博組合長)のAコープ利別店を、コンビニエンスストアのセイコーマート池田店(町利別本町1)としてリニューアルオープンした。

オープンしたセイコーマート池田店前でテープカットする関係者ら

 旧Aコープの店舗と土地をセコマが同JAから賃貸し内装を改修した。店舗の床面積は476平方メートル。売り場面積は215平方メートル、うち50平方メートルは、地元で取れた野菜や豆類など約30種を販売する「いけだ美味しいもの広場」という売り場コーナーを設けた。

 この日、同店舗前でオープニングセレモニー(同JA主催)が行われ、関係者や地域住民ら約100人が出席した。

 鈴木組合長は「農村地域の特徴を理解し、配慮した店舗にしていただいた」とあいさつ。丸谷社長が「この店舗を愛し、多くの皆さんに使っていただきたい」と祝辞を述べた。鈴木組合長、丸谷社長、勝井勝丸町長ら6人がテープカットで開店を祝った。

 来店した町内の主婦朝川智子さん(65)は「店の中は広いし、とてもきれい。気持ちよく買い物させてもらった」と話していた。

 旧Aコープ利別店は50年近く地域の生活を支えたが、近年は大型スーパーと競合し苦戦。閉店したが、今回コンビニとして店舗が存続する。これに伴い、町内にもともとあったセイコーマート2店のうち、新店舗付近にあった店舗は閉店し、統合した。

関連記事

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク