全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

小学校に地元のお茶を味わうウオータークーラー設置

クーラーのお茶を味わう子どもたち(小野小で)

 宇部市の特産品、お茶に親しみ郷土愛を育んでもらおうと、市教育委員会は市農林振興課と連携して今月、小野、厚東、二俣瀬の3小学校にウオータークーラーを設置した。各校では小野産の山口茶のティーバッグを水出しして子どもたちに提供。「おいしい」と人気を呼んでいる。    購入したのは、冷水専用のクーラーで、大きさは高さ60、横30、奥行き45㌢。タンク容量は18㍑で、1杯250㍉㍑のカップなら最大72杯分用意できる。3校(児童数は計109人)で使用するのは7月まで、9~10月には他校でも試し、好評であれば課題などを検証の上、来年度から拡大実施する。    地元の小野(河口龍裕校長、24人)では、事務室前に設置。中間タイムや昼休み、体育の授業後などに、子どもたちが集まってゴクゴクと喉を潤している。    午前8時前からのお茶の準備や、放課後の後片付けは、職員と学校支援ボランティアが担当。児童は自前の水筒に麦茶や緑茶を入れて持参しているが、クーラーから飲むのはまた一味違う様子で、藤田翔太郎君(4年)と松本光平君(6年)は「ちょっと苦いけど、冷たくておいしい」と満足。緑茶好きの井上怜さん(6年)は「飲みやすい。小野のお茶を毎日学校で味わえて、うれしい。もっと他の学校のみんなにも広まってほしい」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

雑海藻を餌とした肥育に挑戦【釧路町、標茶】

 【釧路町、標茶】釧路町昆布森産コンブを餌に肥育した標茶産肉牛のブランド化や商品開発を進める釧路町と標茶町は今年度、雑海藻を餌とした肥育に挑戦する。両町は昨年、互いの特産品を生かした商品開発や地...

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク