全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

災害に備え募金箱設置

「多くの町民の皆さまの募金をお願いします」と募金箱をPRする奥田誠町長(左)と上羽寛・町青少年育成町民会議会長=上富田町役場で

 和歌山県上富田町は7月1日から、町役場と上富田文化会館に、将来の災害に備えた「募金箱」を設置する。災害時に役立てる費用を集めるためで、1月に開かれた「子ども議会」で当時の小学生が提案した。奥田誠町長は「町民みんなで助け合い、災害が起こった際の備えにする。町民の防災意識が高まることも期待している」と話している。

 「子ども議会」(町青少年育成町民会議主催)では、全5小学校の代表として6年生10人が町にまちづくりの提案や質問をした。「募金箱」の設置を提案したのは当時市ノ瀬小の児童だった早川愛さん。6年生が班ごとに意見を出し合って決めたという。「南海トラフ地震や台風などの大きな災害が起こったときのために、町のみんなで募金をしては」と提案した。
 町総務政策課によると、募金はふるさと納税などの寄付金でつくる「さわやか上富田まちづくり基金」に収め、独立して管理する。奥田町長は「避難所で何か足りないものがあった場合など、緊急に必要とすることに充てたい」と話している。
 町の税収になるため、募金箱は職員が常時いる場所で毎日回収できる場所に設置する。早川さんの提案を参考に、募金箱の隣に町のマスコットキャラクター「ひょうたんせんぱい」のパネルを置いて、親しみやすくする。
 早川さん(12)=上富田中1年=は「実現されてうれしい。募金が未来の災害に役立ってくれたら」と話している。
 町の「子ども議会」の提案から実現したことは他にもある。児童からの「町にゆるキャラがあれば町がにぎわう」という提案から「ひょうたんせんぱい」が生まれ、児童から通学で通る生馬交差点の信号機の青信号が短くて困っているという改善要望を受けて、田辺署の協力で登校時間帯だけ青信号の点灯を長くした。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク