全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。

 2017年に完成した同校新校舎は、学校創設期に「50年後建て替える際、新校舎の木材に」と創設者・秋元正雄氏の意思で同市羽黒町川代地内に植樹された森林23㌶のうち、一部を使用して建設。

 創設者の思いや、木材生産の循環、森林の公益的機能に触れてもらおうと、やまがた緑環境税事業の助成を受けて同校では本年度から3カ年で森林保全活動に取り組む。

 この日は、3年生約270人が参加。県や出羽庄内森林組合が指導で協力。初めに同校で森林整備について学んだ後、バスに乗って伐根が並ぶ森林へ移動し、50㌢ほどの大きさの2年生の杉苗約600本を0・3㌶に植えていった。

新校舎の木材を切り出した森林で植栽作業に汗を流した

 普通科国際コースの渡部華鈴さん(18)は「木のぬくもりが感じられる自慢の校舎。完成した時は当時植栽した生徒が見学しに来たのを覚えている。今、植栽しながら将来の自分たちを重ねて想像している」と話した。

 この日植えた杉は5年後には2㍍ほどにまで成長する。木材として成長した暁には、校舎などの建材になるという。

関連記事

北羽新報社

これぞ白砂青松 能代の住民団体が砂防林で松葉かき

 能代市の住民グループ・風の松原に守られる人々の会(桜田隆雄会長)は17日朝、今年度の林床改良作業を同市河戸川字西山下の松林で始めた。クロマツの生育環境を整え、「白砂青松」の美しい風景を維持しよ...

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク