全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

森林保全活動で杉の苗木を植栽

 鶴岡市の羽黒高校(牧静雄校長)の3年生たちが26日、学校新校舎建設の木材を切り出した学校創設者関連企業の所有する市内の森林で、杉苗の植栽活動に取り組み、森林の整備や保全活動への理解を深めた。

 2017年に完成した同校新校舎は、学校創設期に「50年後建て替える際、新校舎の木材に」と創設者・秋元正雄氏の意思で同市羽黒町川代地内に植樹された森林23㌶のうち、一部を使用して建設。

 創設者の思いや、木材生産の循環、森林の公益的機能に触れてもらおうと、やまがた緑環境税事業の助成を受けて同校では本年度から3カ年で森林保全活動に取り組む。

 この日は、3年生約270人が参加。県や出羽庄内森林組合が指導で協力。初めに同校で森林整備について学んだ後、バスに乗って伐根が並ぶ森林へ移動し、50㌢ほどの大きさの2年生の杉苗約600本を0・3㌶に植えていった。

新校舎の木材を切り出した森林で植栽作業に汗を流した

 普通科国際コースの渡部華鈴さん(18)は「木のぬくもりが感じられる自慢の校舎。完成した時は当時植栽した生徒が見学しに来たのを覚えている。今、植栽しながら将来の自分たちを重ねて想像している」と話した。

 この日植えた杉は5年後には2㍍ほどにまで成長する。木材として成長した暁には、校舎などの建材になるという。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク