全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北海道十勝フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演

シャンパンタワーで幕を開けるフードワインフェス

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワインに酔いしれた。

 食の祭典「ハワイ・フード&ワインフェスティバル」の北海道・十勝版。道とハワイ州の姉妹提携を契機に2017年に始まった。独創的な料理を通して十勝の食の優位性を発信する。

 開会セレモニーでは高橋勝坦大会長(帯広商工会議所会頭)が「北海道・十勝の食のブランドが発見されることを心から期待したい」とあいさつ。十勝総合振興局の三井真局長の発声で乾杯した。

 東京、札幌、ハワイ、地元十勝から、在日ベルギー大使館エグゼクティブシェフのサミュエル・アルベルト氏、中国料理の脇屋友詞氏ら10人を招聘(しょうへい)。シェフたちは十勝の生産者とともに自慢の一皿を供した。芽室ワインカウンティが発表した赤ワインなど道産ワイン約20種も用意、来場者はワイングラス片手に食事とのマリアージュを楽しんだ。

 異彩を放ったのがインターステラテクノロジズ(IST)創業者で、会員制レストラン「WAGYUMAFIA」(東京)を営業する堀江貴文さん。シェフとして参加し、神戸牛の牛骨でだしをとった「つけ麺」を披露した。堀江さんは「将来的には十勝にも店を構えたい」と話していた。

 帯広市内で料理サークルを主宰する伊豆倉優美さんと川田絹子さんは、「脇屋シェフの料理を楽しみに来た。広々とした庭でゆっくり食事を楽しめて満足」と話していた。

関連記事

新ジャンル、泡盛「尚」を共同開発 八重泉、請福ら県内12酒造所

 【那覇】八重泉酒造や請福酒造を含む県内12酒造所が蒸留を3回行う製法で米こうじの優しい甘みと華やかな香りを引き出した新ジャンルの泡盛「尚」を共同開発した。世界の4大スピリッツとされるウオツカ...

十勝おはぎ 桜の活力に ラグビー日本代表に好評

 ラグビーワールドカップ(W杯)で躍進する日本代表。大会前は十勝産小豆のおはぎが差し入れされ、チームに好評。大会中は試合前の食事「マッチミール」におはぎが採用され、選手の活力になっている。 ...

特色生かし三河体験

蒲郡などでMIKAWA de じゃんだらりん  秋から初冬にかけて三河地方で体験プログラムを展開する「MIKAWA de じゃんだらりん」(実行委員会主催)が1日、蒲郡市などで始まった。12...

長野日報社

コイの水田養殖 廃れた食文化再興にも意欲 伊那市高遠町藤沢

長野県伊那市高遠町藤沢の住民有志が、米を作りながらコイを養殖する試験を水上地区の田んぼで進めている。中山間地水田の活用と維持につなげる狙い。淡水魚に詳しい県内水面漁場管理委員会委員の桐生透さ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク