全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

おいしい肉届けたい 宮田村の養豚場が経営再開へ

本格的な経営再開が県に認められたと小田切村長らに報告するウエムラファームの植村英二代表

2月に家畜伝染病「豚コレラ」の感染が確認された長野県宮田村の養豚場「ウエムラファーム」は25日、植村英二代表が村役場を訪れ、小田切康彦村長らに対し、県から本格的な経営再開が認められたと報告した。今月から試験的に飼育している子豚の検査で陰性が確認され、県の承認を受けて豚の入荷や出荷を行っていく。植村代表は「一日も早く待っている人においしい肉を届けたい」と再開への思いを語った。

ウエムラファームは2月6日、愛知県豊田市の養豚場から搬入した子豚から豚コレラの感染を確認し、全2444頭を殺処分した。国が「封じ込め期間」とする90日間が経過し、今月4日に子豚80頭を試験的に入荷した。

植村代表は、20日に出された検査結果と今後の方針を報告。経営再開に「ほっとした。支援してくれた方に感謝するとともに、一層頑張らなきゃいけないという気持ち」と表情を和らげた。封じ込め期間中には国の基準を超える回数の消毒を行ってきたが、「防疫体制やそれに伴う環境整備を今まで以上に強化したい」と、さらに徹底するとした。

一方で、「子豚の仕入れは厳しい状況」とした。豚コレラの感染が広がる愛知県と岐阜県からは入荷できず、風評被害で他県での仕入れ先が見つかりにくいという。「一日も早く安全な地域から搬入し、以前の頭数まで持っていきたい」と話した。

ウエムラファームの豚肉は地元のスーパーや村のふるさと納税返礼品で扱われ、親しまれてきた。植村代表は「うちの豚を食べたいという人たちに安全安心な肉を届けたいという一心で豚と接している。さらに、おいしいと思ってもらえる肉を従業員みんなで作っていきたい」と語った。出荷は9月後半という。

小田切村長は「再開を大変うれしく思う。連絡を取り合い、問題ごとがあれば共有していきたい」と支援を約束した。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク