全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

第1弾はダチョウ運動場 研究費確保へ帯広畜大がCF活用

 帯広畜産大学(奥田潔学長)は、クラウドファンディング(CF)サービスを提供する「READYFOR(レディーフォー)」と業務提携し、27日からCFプロジェクトを始める。教育や研究の活性化を目的に、ネット上で主体的に寄付金を獲得する。第1弾のCFはダチョウサークルで、ダチョウの繁殖を促すため、飼育施設の拡張資金を募る。

飼育施設拡張に向け、CFを行うダチョウサークルの(右から)森田部長と川副部長

 国立大学への国の運営費交付金は年々削減され、研究者間の競争的研究資金獲得も激化している。そこで、研究資金や学生の活動資金を確保するため、自由度の高いCFの活用を決めた。同様の動きは、全国の大学に広がっている。

 CF第1弾のダチョウサークル(森田季恵部長)は、大学構内にあるダチョウを放牧するパドックの拡張を計画。現在は70平方メートル(35平方メートル×2カ所)だが、新たに136.5平方メートルを増設して約3倍の広さにし、走り回れる飼育環境を整備する。高さ約3メートルの鉄パイプを設置し、周囲をネットで覆う。目標金額は119万円で、期間は27日~8月23日。目標に届かなければ、寄付金は全額返金される。

 同大のダチョウ飼育は2002年、三好俊三名誉教授(故人)が研究目的で開始。最盛期は20頭以上いたが、三好氏が08年に退官すると繁殖技術がうまく伝わらず、施設縮小もあり、飼育数は1頭にまで減少した。現在は、タイショー(雄、5歳前後)と、昨年購入したサイロ(雌、4歳前後)の2頭がいる。

 ダチョウの数が減少した原因について同サークルは、施設縮小で走り回れるスペースがなくなり、産卵しやすい施設環境ではなくなったと認識する。走る雌を雄が追い掛けて求愛行動するが、現在のパドックや飼育室(73平方メートル)は狭く、体長2メートルを超えるダチョウは走ることができない。ストレスを感じるためか、ここ数年、同大内での交尾による産卵は確認されていない。

 2年前にも施設拡張を計画したが、高額の工事費が捻出できず断念した。今回、大学がCF活用を決めたことから、名乗りを上げた。寄付者へのリターンは、巨大なダチョウの羽や卵を使ったストラップやエッグアート、ジャンパーなどを用意する予定。

 家畜としての有用性を発信するのがサークルの目的だが、「現在は学内で繁殖できず、家畜とは言えない状態」と森田部長。魅力を伝えるには基礎となる繁殖が重要とし、「頭数が増えれば食肉生産の可能性が広がる。卵や羽、皮などの副産物も得られ、家畜としての価値を伝えられる」と期待する。

 国内大学で唯一のダチョウサークルと自負する川翔真副部長は「ダチョウは牛よりも栄養価が高く、餌代が掛からない。食料危機で農業が注目される中、畜産の主役になり得る」とし、協力を呼び掛けている。

奥に見える既存施設の隣接地(手前)にパドックを拡張する計画

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク