全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ロンドンで八重山民謡 戦没者のめい福祈る 横目博二 貞子研究所

「Okinawa Day 2019」で八重山民謡を披露する横目博二師範と、妻の貞子師範=22日、ロンドンのスピタルフィールズ(横目博二氏提供)

 【イギリス】慰霊の日にちなみ22日、ロンドンの広場スピタルフィールズで開かれた沖縄音楽の祭典「Okinawa Day 2019」(ロンドン沖縄三線会主催)に、石垣市白保の横目博二・貞子研究所の両師範と門下生2人が出演し、同祭典で初めて八重山民謡の調べを響かせた。

 同祭典は、慰霊の日に戦没者の御霊を慰めるとともに、沖縄音楽の素晴らしさを世界に広める目的で毎年開かれており、ことしで11回目。ロンドン沖縄三線会の会員らが中心となり、琉球古典音楽や奄美民謡、宮古民謡などを演奏してきたが、八重山民謡の披露は初。

 イベントで横目研究所メンバーは鷲ぬ鳥節、白保節、かたみ節、目出度節、小浜節、とぅばらーまなどを繰り広げ、最後はまるまぶんさん節と殿様節でにぎやかに締めくくった。  横目博二師範は「とぅばらーまに泣きそうになった、と言ってくれる人もいて、八重山民謡の力を改めて実感した。八重山民謡を島止まりにしてはいけない。島を飛び出し世界にもまれることで、より昇華させることができるはず」と力強く語った。

 同会メンバーの平川誠さん(46)=うるま市出身、ロンドン在住=は「沖縄の音楽、三線文化がどんどん世界に広がり、こうしたイベントも開かれているということを、沖縄の人たちにも知ってほしい」と語った。

関連記事

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

長野日報社

伝統芸能情感豊かに上演 長野県箕輪町の古田人形芝居公演

 長野県選択無形民俗文化財に指定されている箕輪町の古田人形芝居の今年度定期公演(町教育委員会主催)が4日、町文化センターであった。古田人形芝居保存会と箕輪西小学校古田人形クラブ、箕輪中学校古田...

16窯元一堂に やきもの祭り、きょうまで

 八重山にある16の窯元が一堂に会して作品を物販する第12回石垣島やきもの祭り(同実行委員会主催)が4日、石垣市役所で始まった。5日まで。  同祭りには石垣島12、小浜島、竹富島、西表島、与那国島各1...

荘内日報社

新年向け縁起物作り始まる コロナ退散も願い(鶴岡・荘内神社)

 鶴岡市馬場町の荘内神社(石原純一宮司)で3日、新年に向けた縁起物作りが始まった。14日まで破魔矢や熊手、来年の干支(えと)「寅」の張り子など約5000体を用意、神事を行い、20日から頒布する。  ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク