全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「帆前掛け」新工場オープン

 かつて豊橋が一大産地だった「帆前掛け」の企画・製造・販売をする「エニシング」(東京都)が、豊橋市大岩町沢渡に新工場「前掛けファクトリー」をオープンした。廃業する市内の工場から織機を譲り受け、海外でも人気が高まる帆布製の前掛け製造の技術を受け継いだ。  軽くて丈夫で温かい帆前掛けは、酒屋や米屋などの屋号が入った日本伝統の仕事着。紡績業が盛んだった豊橋市は一大生産地だったが、中国など安価な海外製造へとシフトし、業者は次々と廃業した。  もともと漢字入りのTシャツを手掛けていたエニシングの西村和弘社長(45)が、同市往完町で70年以上続く「芳賀織布工場」の芳賀正人社長と出会い、職人らが抱える後継者不足や高齢化などの問題に直面。伝統技術を守り伝えるべく、5年ほど前から若手社員3人を芳賀さんのもとへ派遣し、技術を身に付けさせてきた。  芳賀織布工場の廃業を機に、工場にあった織機8台を譲り受けたほか、新工場にはトヨタ産業技術記念館(名古屋市)の約100年前の織機も並ぶ。  昔ながらの風合いを生かした帆前掛けは、日本の伝統文化の一つとして、欧州を中心に人気が高まり、英国の大英博物館では売店でグッズとして並ぶ。「体にフィットしやすい、分厚くて柔らかい生地はシャトル式織機ならでは」と若手職人の前川圭子さん(38)。  二川地区は偶然にも、豊橋の製糸業の礎を築いた小淵しち(1847年-1929年)の工場があった場所。今後、工場内の見学も受け付ける予定で、東海道の宿場町・二川宿の新しい観光スポットとしても期待される。  今月21日には、木造平屋建ての工場(建物面積100坪、敷地面積330坪)を披露。西村社長は「明治時代からあるものづくりが未だに受け継がれていることを、子どもたちに五感で感じてもらえる工場になった。職人って格好いいと思ってもらえたらうれしい」と期待している。  問い合わせはエニシング(03・5843・0247)へ。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク