全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「帆前掛け」新工場オープン

 かつて豊橋が一大産地だった「帆前掛け」の企画・製造・販売をする「エニシング」(東京都)が、豊橋市大岩町沢渡に新工場「前掛けファクトリー」をオープンした。廃業する市内の工場から織機を譲り受け、海外でも人気が高まる帆布製の前掛け製造の技術を受け継いだ。  軽くて丈夫で温かい帆前掛けは、酒屋や米屋などの屋号が入った日本伝統の仕事着。紡績業が盛んだった豊橋市は一大生産地だったが、中国など安価な海外製造へとシフトし、業者は次々と廃業した。  もともと漢字入りのTシャツを手掛けていたエニシングの西村和弘社長(45)が、同市往完町で70年以上続く「芳賀織布工場」の芳賀正人社長と出会い、職人らが抱える後継者不足や高齢化などの問題に直面。伝統技術を守り伝えるべく、5年ほど前から若手社員3人を芳賀さんのもとへ派遣し、技術を身に付けさせてきた。  芳賀織布工場の廃業を機に、工場にあった織機8台を譲り受けたほか、新工場にはトヨタ産業技術記念館(名古屋市)の約100年前の織機も並ぶ。  昔ながらの風合いを生かした帆前掛けは、日本の伝統文化の一つとして、欧州を中心に人気が高まり、英国の大英博物館では売店でグッズとして並ぶ。「体にフィットしやすい、分厚くて柔らかい生地はシャトル式織機ならでは」と若手職人の前川圭子さん(38)。  二川地区は偶然にも、豊橋の製糸業の礎を築いた小淵しち(1847年-1929年)の工場があった場所。今後、工場内の見学も受け付ける予定で、東海道の宿場町・二川宿の新しい観光スポットとしても期待される。  今月21日には、木造平屋建ての工場(建物面積100坪、敷地面積330坪)を披露。西村社長は「明治時代からあるものづくりが未だに受け継がれていることを、子どもたちに五感で感じてもらえる工場になった。職人って格好いいと思ってもらえたらうれしい」と期待している。  問い合わせはエニシング(03・5843・0247)へ。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

ラグナシアプールに恐竜世界のジュラグーンオープン

 蒲郡市海陽町のラグナシアで13日、プールエリアに新しいアトラクション「ジュラグーン」がオープンした。  恐竜や動物が集うジャングルをイメージ。大量の水が落ちてくる「水バケツ」など子どもから大人ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク