全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「帆前掛け」新工場オープン

 かつて豊橋が一大産地だった「帆前掛け」の企画・製造・販売をする「エニシング」(東京都)が、豊橋市大岩町沢渡に新工場「前掛けファクトリー」をオープンした。廃業する市内の工場から織機を譲り受け、海外でも人気が高まる帆布製の前掛け製造の技術を受け継いだ。  軽くて丈夫で温かい帆前掛けは、酒屋や米屋などの屋号が入った日本伝統の仕事着。紡績業が盛んだった豊橋市は一大生産地だったが、中国など安価な海外製造へとシフトし、業者は次々と廃業した。  もともと漢字入りのTシャツを手掛けていたエニシングの西村和弘社長(45)が、同市往完町で70年以上続く「芳賀織布工場」の芳賀正人社長と出会い、職人らが抱える後継者不足や高齢化などの問題に直面。伝統技術を守り伝えるべく、5年ほど前から若手社員3人を芳賀さんのもとへ派遣し、技術を身に付けさせてきた。  芳賀織布工場の廃業を機に、工場にあった織機8台を譲り受けたほか、新工場にはトヨタ産業技術記念館(名古屋市)の約100年前の織機も並ぶ。  昔ながらの風合いを生かした帆前掛けは、日本の伝統文化の一つとして、欧州を中心に人気が高まり、英国の大英博物館では売店でグッズとして並ぶ。「体にフィットしやすい、分厚くて柔らかい生地はシャトル式織機ならでは」と若手職人の前川圭子さん(38)。  二川地区は偶然にも、豊橋の製糸業の礎を築いた小淵しち(1847年-1929年)の工場があった場所。今後、工場内の見学も受け付ける予定で、東海道の宿場町・二川宿の新しい観光スポットとしても期待される。  今月21日には、木造平屋建ての工場(建物面積100坪、敷地面積330坪)を披露。西村社長は「明治時代からあるものづくりが未だに受け継がれていることを、子どもたちに五感で感じてもらえる工場になった。職人って格好いいと思ってもらえたらうれしい」と期待している。  問い合わせはエニシング(03・5843・0247)へ。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク