全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

甘酸っぱい香り漂う 梅の塩漬け本格化

大きな容器に熟した梅に続いて塩を入れる農家(田辺市稲成町で)

 梅の本場である和歌山県みなべ町や田辺・西牟婁で、主力品種「南高」の熟した実を塩に漬け込む作業が本格化している。1次加工である「白干し梅」にする作業で、作業場には甘酸っぱい香りが漂っている。梅雨明けから天日で干して仕上げる。
 熟した梅のほとんどは梅干しに加工する。今年の収穫は平年よりやや遅く、先週初めから本格的に始まった。農家らは収穫したその日のうちに塩に漬け込んでいる。
 田辺市稲成町の高山弘和さん(40)の園地では13日から、熟した梅の収穫を始めた。自宅近くの作業場に持ち込み、実の大きさでM~4Lの5階級に分け、大きな容器に塩と交互に入れている。満杯になればふたをして重しを載せる。高山さんは「今年は実太りが悪く、小ぶり」と話しており、現在のところ2LとLが中心だという。
 各農家による収穫や漬け込み作業は、遅い場所では7月中旬まで続く。1カ月以上漬け込んだ後、容器から出し、3~5日間かけて天日干しする。白干し梅でも食べられるが、多くは2次加工の調味漬けにするため、JAや加工業者などに販売するという。

関連記事

池田に待望の本屋オープン 「手に取り選べる」と好評

 池田町内唯一の書店「さくら書房」が15日、町内の電器店「デンキのホームライフ」(大通5、中村吉孝代表)の店舗内の一角にオープンした。2017年12月に町内に1店だけあった書店が閉店して以来、およ...

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク