全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広発着ナイタイ観光 7月、初の旅行商品開始 上士幌

 上士幌町などが出資する観光地域商社「karch(カーチ)」は7月から、ナイタイ高原牧場への観光バスの運行を始める。カーチが手掛ける初の旅行商品で、帯広駅の発着でグルメや買い物が楽しめる日帰りのバスツアー。今秋までの運行を予定する。

観光バス運行をPRするカーチの社員

 カーチは今春にリニューアルオープンした同牧場のレストハウス「ナイタイテラス」を運営する。地元の観光資源を生かしたビジネス展開を目指し、旅行商品の開発のほか、電力の販売事業なども手掛ける。

 ツアーは午前10時に帯広駅を出発。ナイタイテラスでは高原の景色を楽しみながら、町特産の十勝ナイタイ和牛などを使った定番のランチプレートが味わえる。その後は地元の人気パン店「トカトカ」や士幌町の道の駅「ピア21しほろ」に立ち寄って買い物もできる。食パンやコーヒーのプレゼントもある。

 ナイタイテラスは今月までに来場者5万人を突破。平日も混み合うことが多いという。中田将雅事業統括部長は「ツアーであれば待ち時間なしでより快適にナイタイを満喫できる。ぬかびら源泉郷をルートに入れたり、体験メニューも組み込んだ商品も開発したい」と話している。

 観光バスは7、9、10月の毎週火・木曜日に運行する。定員20人、料金は大人1人6000円(往復のバス代、昼食代込み)。午前9時50分に帯広駅北口に集合する。申し込みは予約制。問い合わせはカーチ(01564・7・7777)へ。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

ラグナシアプールに恐竜世界のジュラグーンオープン

 蒲郡市海陽町のラグナシアで13日、プールエリアに新しいアトラクション「ジュラグーン」がオープンした。  恐竜や動物が集うジャングルをイメージ。大量の水が落ちてくる「水バケツ」など子どもから大人ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク