全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駒ケ根で世界の魅力アピール 大使村まつり

各国の関係者らと記念写真に納まる参加者ら

長野県駒ケ根市中央の銀座通りで23日、「こまがね大使村まつり」が開かれた。アジアや南太平洋、アフリカなど7カ国の大使館関係者が訪れ、ブースでそれぞれの国をアピールするなどして交流。多くの市民らが訪れてにぎわった。

昨年同市に本部を移転した青年海外協力協会(JOCA)などを通じ、大使館との交流を通じて市や世界各国の魅力を発信する狙いで昨年6月に1回目を開催。今回は市内にある国際協力機構(JICA)駒ケ根青年海外協力隊訓練所の開所40周年記念も兼ね、毎月銀座通りで開いている「子育て地蔵尊すくすく縁日」に合わせて開いた。

今回はミクロネシア、パラオ、ネパール、バングラデシュ、ブルキナファソ、マラウイ、スリランカが参加。ブースでは民族衣装に身を包んだスタッフらが民芸品や特産品を販売したり、自国の遊びを紹介したりとPR。大使も子どもたちとじゃんけんをするなどして交流を深めた。

歓迎セレモニーで杉本幸治市長は「国際交流の盛んな駒ケ根市から、共生文化の社会をつくりたい」とあいさつ。JOCAの堀田直揮事務局長は「この祭りをきっかけに、年間を通じて互いが関わり合えるまちをつくりたい」と一層の交流を呼び掛けた。

ミクロネシアのジョン・フリッツ大使やパラオのフランシス・マツタロウ大使らも「昨年の訪問でこのまちが好きになった」「さらに交流を深めたい」などと述べた。

このほか、縁日を主催する市民団体「あつい!こまがね」は、各国の国旗の色を配したつるし飾りを記念に贈った。

関連記事

長野日報社

押し土器総選挙1位は「装飾絵画文深鉢形土器」

茅野市図書館は、県宝指定の縄文土器47点の「押しメン」ならぬ“押し土器”を決める「総選挙」の結果を発表し、同市玉川の下ノ原遺跡から出土した「装飾絵画文深鉢形土器」が11票を獲得し、1位に輝いた。同...

ランナー過去最多に 制限時間緩和効果か フードバレーマラソン 帯広

 27日に帯広市内で開かれる「2019フードバレーとかちマラソン」のエントリー数は、過去最多の5930人(前年比802人増)となった。昨年は初開催から7年目で初めて参加者が減少に転じたが、コースや...

長野日報社

緑とアートあふれる 伊那西小学校林で森の芸術祭

長野県伊那市伊那西小学校の学校林で6日、緑と芸術に親しむ小さな森の芸術祭「オトギバナシ」が開かれた。周辺で採集した葉っぱや木枝を材料にした手作りアートを林内に展示。完成したばかりの「森のステージ...

秋晴れの下4000人 2年ぶり 池田ワイン祭り

 十勝ワインを楽しむ「第46回町秋のワイン祭り」(町観光協会主催)が6日午前10時から、ワイン城横イベント広場で2年ぶりに開かれた。事前にチケットを購入した約4000人の来場客が十勝ワインと秋...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク