全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駒ケ根で世界の魅力アピール 大使村まつり

各国の関係者らと記念写真に納まる参加者ら

長野県駒ケ根市中央の銀座通りで23日、「こまがね大使村まつり」が開かれた。アジアや南太平洋、アフリカなど7カ国の大使館関係者が訪れ、ブースでそれぞれの国をアピールするなどして交流。多くの市民らが訪れてにぎわった。

昨年同市に本部を移転した青年海外協力協会(JOCA)などを通じ、大使館との交流を通じて市や世界各国の魅力を発信する狙いで昨年6月に1回目を開催。今回は市内にある国際協力機構(JICA)駒ケ根青年海外協力隊訓練所の開所40周年記念も兼ね、毎月銀座通りで開いている「子育て地蔵尊すくすく縁日」に合わせて開いた。

今回はミクロネシア、パラオ、ネパール、バングラデシュ、ブルキナファソ、マラウイ、スリランカが参加。ブースでは民族衣装に身を包んだスタッフらが民芸品や特産品を販売したり、自国の遊びを紹介したりとPR。大使も子どもたちとじゃんけんをするなどして交流を深めた。

歓迎セレモニーで杉本幸治市長は「国際交流の盛んな駒ケ根市から、共生文化の社会をつくりたい」とあいさつ。JOCAの堀田直揮事務局長は「この祭りをきっかけに、年間を通じて互いが関わり合えるまちをつくりたい」と一層の交流を呼び掛けた。

ミクロネシアのジョン・フリッツ大使やパラオのフランシス・マツタロウ大使らも「昨年の訪問でこのまちが好きになった」「さらに交流を深めたい」などと述べた。

このほか、縁日を主催する市民団体「あつい!こまがね」は、各国の国旗の色を配したつるし飾りを記念に贈った。

関連記事

長野日報社

特急あずさ55周年でスタンプラリー 長野県上諏訪駅は独自の台紙3種類

 長野県諏訪地方と首都圏を結ぶJR中央線の特急「あずさ」号が今月12日に運行開始55周年を迎える。東日本旅客鉄道は1日から主要各駅でオリジナルスタンプのラリーやグッズ販売などのイベントを催す。JR...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

長野日報社

中ア山麓の酒造り紹介 オンラインで「美酒フェスタ」

 長野県の中央アルプス山麓で育まれた酒を味わう「第15回中央アルプス山麓美酒フェスタ」(実行委員会主催)が27日夜、オンライン形式で開かれた。地元酒造メーカー4社の代表が、各酒蔵の紹介や造り手によ...

荘内日報社

12年に1度「神主舞」奉納(出羽三山神社新嘗祭)丑歳御縁年農作物順調な収穫..

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の新嘗(にいなめ)祭が23日、鶴岡市の羽黒山頂の合祭殿で行われた。  新嘗祭は、農作物が順調に収穫できたことを感謝する祭り。五穀豊(ほう)穣(じょう)を祈願する...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク