全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「あがろうざ節」熱唱 登野城五町内会が唄う集い

飛び入り参加も含め、大勢の人が参加した第12回記念マフタネーのアコウ木ぬ下ぬ「あがろうざ節」を唄う集い=22日夕、とぅぬすく村マフタネーのアコウ木ぬ緑地

 登野城発祥の「あがろうざ節」を後世に引き継ぎ、字民らの交流を深めようと登野城五町内会(上地正宏会長)は22日、第12回記念マフタネーのアコウ木ぬ下ぬ「あがろうざ節」を唄う集いを開き、島内外の出演者約70人がとぅぬすく村に昔から伝わる子守歌(ファームレウタ)を切々と歌い上げた。

 オープニングを務めたのは宮良栄和さんら4人。横笛の涼し気な音色で集いが始まった。

 田場絹枝舞踊道場の子どもたち14人が舞踊を披露。先月から踊りを始めたばかりという最年少の照屋心愛(きよの)ちゃん(4)の愛くるしい踊りに、会場からひときわ大きな拍手がわき起こった。

 與那國久枝八重山舞踊稽古道場の子どもたち総勢35人も日ごろの練習の成果を発揮。竹富島から参加の狩俣心羽さん(竹富小5年)は、小池美寿々さん(登野城小4年)、大浜来実さん(平真小4年)とともに大人顔負けののどを披露した。

 踊りで参加した森下綾子さん(登野城小5年)と富本希依さん(大浜小3年)は「緊張したけど楽しくできた。来年も参加したい」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク