全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

辰野ほたる祭り 終盤飾る「ピッカリ踊り」

ほたる祭りの終盤を盛り上げた「たつのピッカリ踊り」

 辰野町で開かれている「第71回信州辰野ほたる祭り」のメインイベント「たつのピッカリ踊り」が22日、下辰野商店街で行われた。町内各区や学校、事業所などでつくる21連合わせて約1000人が参加。名所・松尾峡(ほたる童謡公園)で乱舞するゲンジボタルに負けじと、にぎやかな踊りを繰り広げた。

 歩行者天国となった通りに、そろいの法被やTシャツを着た参加者が集結。地元でおなじみの「ほたる小唄」と「はひふへホタル」、振り付け自由の「龍の大地に集う者」の各曲に乗せて、1時間余りにわたって踊った。

 昨年の同祭り70回記念で行い好評だった、踊りのコンテストを今回も企画。大会長の武居保男町長、小松立樹実行委員長らが踊りの完成度や一体感などを基準に各連を審査し、上位チームを表彰した。

 参加者たちは梅雨の蒸し暑さを振り払うように、全身を躍動させて踊りを披露。ほかの連とすれ違う際に「動きがそろっているね」「一緒にコンテストの表彰台に上がろう」と笑顔で交流を深めた。地域住民や観光客も大勢詰め掛け、曲が終わるたびに沿道から拍手を送っていた。

 祭りは23日まで。松尾峡―伊那富橋・平出交差点の歩行者天国は午後5時~9時。松尾峡のゲンジボタルは発生のピークは過ぎたものの、21日夜に1745匹を確認しており、十分に観賞できるという。同日まで入場時にホタル保護育成協力金500円が必要。中学生以下無料。

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク