全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

募金箱設置で協力呼び掛け  田辺花火大会

JR紀伊田辺駅構内に設置された田辺花火大会の募金箱(21日、田辺市湊で)

 秋の夜空を彩る「田辺花火大会」(10月5日開催)で、主催の田辺観光協会は名物の2尺玉に代わり、扇ケ浜の立地を最大限に生かした視界に収まりきらないほどの「大パノラマ花火」を演出すると公表した。21日にJR紀伊田辺駅に募金箱を設置し、広く協力を呼び掛けている。
 田辺花火大会は2008年から和歌山県内で唯一打ち上げている直径480メートルに広がる2尺玉が目玉だった。今年は新元号になって1回目ということで、新たな趣向に挑戦するという。
 花火は3カ所の突堤から打ち上げる。打ち上げ数は例年並みの約3千発の予定。打ち上げ時間は約30分と短いが「秋の澄んだ夜空に絶え間なく打ち上げられる花火は好評」という。
 花火大会予算は約1088万円で、個人募金50万円、企業などの協賛金705万円を見込んでいる。市も95万円を補助する。
 募金箱は今後、市内各所やタクシーに設置する。田辺観光協会は「これまでにないダイナミックな演出で、新時代の幕開けにふさわしい花火大会にしたい。皆さんと一緒に盛り上げたい」と協力を呼び掛けている。

関連記事

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

紀伊民報社

男女の対戦も白熱 白浜ビーチラグビー開幕

 和歌山県白浜町の白良浜で29日、第24回ビーチラグビー白浜大会(大会実行委員会など主催)が始まった。30日まで。  ビーチラグビーは日本発祥で、アメリカンフットボールとラグビーを合わせたような...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク