全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

募金箱設置で協力呼び掛け  田辺花火大会

JR紀伊田辺駅構内に設置された田辺花火大会の募金箱(21日、田辺市湊で)

 秋の夜空を彩る「田辺花火大会」(10月5日開催)で、主催の田辺観光協会は名物の2尺玉に代わり、扇ケ浜の立地を最大限に生かした視界に収まりきらないほどの「大パノラマ花火」を演出すると公表した。21日にJR紀伊田辺駅に募金箱を設置し、広く協力を呼び掛けている。
 田辺花火大会は2008年から和歌山県内で唯一打ち上げている直径480メートルに広がる2尺玉が目玉だった。今年は新元号になって1回目ということで、新たな趣向に挑戦するという。
 花火は3カ所の突堤から打ち上げる。打ち上げ数は例年並みの約3千発の予定。打ち上げ時間は約30分と短いが「秋の澄んだ夜空に絶え間なく打ち上げられる花火は好評」という。
 花火大会予算は約1088万円で、個人募金50万円、企業などの協賛金705万円を見込んでいる。市も95万円を補助する。
 募金箱は今後、市内各所やタクシーに設置する。田辺観光協会は「これまでにないダイナミックな演出で、新時代の幕開けにふさわしい花火大会にしたい。皆さんと一緒に盛り上げたい」と協力を呼び掛けている。

関連記事

長野日報社

桜の高遠城跡「御城印」 咲き方に合わせ4種類

長野県伊那市高遠町の一般社団法人・環屋は、高遠城跡「御城印」の桜柄を新たに作り、城址公園の観桜期に同所(旧中村家住宅)で販売する。▽咲き始め▽五分咲き▽満開▽散り終わり―の4種類の柄を用意。開花宣言...

春風が気持ちよさそうコイノボリ

蒲郡の拾石川  蒲郡市拾石町の拾石川に、今年もこいのぼりが登場した。川の上下流の2カ所で春風を受けてそよいでいる。  河川管理ボランティアの地元住民グループ・未来塾(石川賢治代表)が毎年こ...

無観客で新城ラリー開幕

 JAF全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020」(実行委員会主催)が14日、新城市内で開幕した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止とするため、17回目の大会では初めて無観客での競技となった...

貨幣に関する歴史「時の金なり」展

 豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階の第5展示室で、ミニ企画展・歴史資料のさまざま「時の金なり」が開催されている。15日まで。  同館の収蔵品から硬貨や紙幣といった貨幣に関する約80点を展示。12世紀半...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク