全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ごみ不法投棄 花植えで改善

 海水浴客でにぎわう鶴岡市湯野浜地区で、長年問題となっていたごみステーション周辺への不法投棄が花植えで改善している。地元の町内会が2017年から独自で取り組んでおり、2年連続でごみは「ほぼゼロ」の状況という。関係者は「環境美化の訴えが効いているのかも」と驚いている。

 市の緑化事業の助成を受けて、湯野浜2町内会(阿部正夫会長)が実施している。

 同町内会では、海水浴シーズン中、湯野浜小やコンビニエンスストアを中心に、ごみステーション周辺への不法投棄に悩まされてきた。分別されないごみは回収されず、周辺住民から苦情が寄せられていたという。

 ごみステーションの塗装や造りを手の込んだものにしたり、ごみステーション周辺を「井戸端会議場所」として住民が常駐してみたりと工夫してきたが改善せず。そんな中妙案として取り組んだ花植えが大きな効果を生んだ。

 今年は8つあるごみステーションに設置。計24個のプランターへの花植え作業に22日、住民7人が取り組んだ。ベゴニアやマリーゴールドなど秋まで楽しめるという花の苗をプランターに植栽。阿部会長は「花が良心に訴え、きれいな場所に不法投棄しては良くない、と思ってくれているのだろう。もちろん今後も続けていきたい」と話した。

プランターへの植栽に取り組む湯野浜2町内会の住民

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク