全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ごみ不法投棄 花植えで改善

 海水浴客でにぎわう鶴岡市湯野浜地区で、長年問題となっていたごみステーション周辺への不法投棄が花植えで改善している。地元の町内会が2017年から独自で取り組んでおり、2年連続でごみは「ほぼゼロ」の状況という。関係者は「環境美化の訴えが効いているのかも」と驚いている。

 市の緑化事業の助成を受けて、湯野浜2町内会(阿部正夫会長)が実施している。

 同町内会では、海水浴シーズン中、湯野浜小やコンビニエンスストアを中心に、ごみステーション周辺への不法投棄に悩まされてきた。分別されないごみは回収されず、周辺住民から苦情が寄せられていたという。

 ごみステーションの塗装や造りを手の込んだものにしたり、ごみステーション周辺を「井戸端会議場所」として住民が常駐してみたりと工夫してきたが改善せず。そんな中妙案として取り組んだ花植えが大きな効果を生んだ。

 今年は8つあるごみステーションに設置。計24個のプランターへの花植え作業に22日、住民7人が取り組んだ。ベゴニアやマリーゴールドなど秋まで楽しめるという花の苗をプランターに植栽。阿部会長は「花が良心に訴え、きれいな場所に不法投棄しては良くない、と思ってくれているのだろう。もちろん今後も続けていきたい」と話した。

プランターへの植栽に取り組む湯野浜2町内会の住民

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク