全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

食パン「乃が美」帯広出店 8月オープン

乃が美が進出予定の建物

 高級食パン人気の先駆けとなった食パン専門店「乃が美」(=のがみ、総本店・大阪市)の常設店「乃が美はなれ帯広店」が、帯広市西8南39に開設されることになった。8月20日のオープンを予定している。

 場所はイトーヨーカドー帯広店などが並ぶ「フレスポ帯広稲田」の道路を挟んで南側。飲食店だった建物の1階を賃借して改装、製造と販売を行う。「生」食パンで2斤(きん)864円、1斤432円。当初は1日当たり700本製造する。

 乃が美は2013年に大阪で創業。高級「生」食パンとして商標登録、卵を使わない「耳まで軟らかい」という独自製法や、白を基調とした高級感ある看板・包装が特徴となっている。「日本のおいしい食パン10選」に選ばれている。

 十勝では藤丸の催事で複数回限定販売されたが、いずれも販売前から長蛇の列ができ、短時間で完売している。

 乃が美はアップフィールド(大阪)が管理運営。直営店の他に、「はなれ」という別オーナーによる経営方式で展開され、130店以上に上る。道内は札幌、函館、旭川に4店の「はなれ」が営業している。

 帯広店を運営するのは、旭川(昨年7月オープン)や和歌山などで「はなれ」を10店運営する「ぱんや」(本社大阪)。20人の従業員は現地採用し、近く店舗の改装工事に着手する。

 同社は「都道府県に1店が基本だが北海道は広く、道東はネット注文が多かった。パン屋の激戦地で満足してもらえる店にしたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク