全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

アカウミガメ上陸 産卵シーズン

産卵のため千里の浜に上陸したアカウミガメと、観察する人たち(20日午後11時43分、みなべ町山内で)=露出時間10秒

 環境省のレッドリストで「絶滅危惧IB類」に選定されているアカウミガメが、和歌山県みなべ町山内の千里の浜で産卵シーズンを迎えている。同浜は本州最大の産卵地として知られるが、昨シーズンは上陸・産卵ともに過去10年で最少。関係者は「今年はたくさん浜に来てほしい」と増加に転じることを願っている。

 千里の浜では毎年、NPO日本ウミガメ協議会やみなべウミガメ研究班など各種団体が協力し調査・保護活動に取り組んでいる。
 今年は5月18日に上陸、28日に産卵を初確認。調査員が夜通し交代で浜を歩き、上陸してきたウミガメを探す本格的な調査が始まった6月15日以降では、21日朝までに上陸7回、産卵5回を確認している。
 20日夜には、甲羅の長さが90センチほどある雌が上陸しているのを調査員が午後10時40分ごろに発見。アカウミガメは穴を掘ってピンポン球ぐらいの大きさの卵を産んだ後、砂を掛けて埋め、21日午前0時すぎに海に戻った。観察に訪れていた神奈川県藤沢市の小説家、横田創さん(48)は「初めて見ることができた。想像していたよりもカメは大きかった。産卵に立ち会えて感動」と笑顔を見せた。
 協議会や研究班の調査によると、2018年(上陸期間5月23日~8月10日)は上陸162回、産卵59回。過去10年では、それまで最も少なかった15年(5月24日~8月14日)の上陸176回、産卵82回を下回った。
 協議会の松沢慶将会長(50)は「みなべの状況は今の段階では何とも言えないが、数が多い鹿児島県の屋久島や種子島の上陸・産卵状況を地元の関係者からヒアリングしたところ、5月末で昨年の5、6割にとどまっている。出だしが良くないだけなのか、このままずっと悪いままなのかは終わってみないと分からないが、状況は良くない。これから増えてくれることを願っている」と話している。
 産卵シーズンは8月上旬ごろまでで、観察には町教育委員会への許可申請が必要。ライトを照らさない▽フラッシュ・ストロボ撮影は禁止▽産卵するまで近寄らない▽ペット同伴禁止―などのルールがある。町教委は「土曜日の夜はすでに予約で混雑して観察が難しい状況なので、避けていただければありがたい」と話している。詳しくは町ホームページに掲載している。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク