全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

アカウミガメ上陸 産卵シーズン

産卵のため千里の浜に上陸したアカウミガメと、観察する人たち(20日午後11時43分、みなべ町山内で)=露出時間10秒

 環境省のレッドリストで「絶滅危惧IB類」に選定されているアカウミガメが、和歌山県みなべ町山内の千里の浜で産卵シーズンを迎えている。同浜は本州最大の産卵地として知られるが、昨シーズンは上陸・産卵ともに過去10年で最少。関係者は「今年はたくさん浜に来てほしい」と増加に転じることを願っている。

 千里の浜では毎年、NPO日本ウミガメ協議会やみなべウミガメ研究班など各種団体が協力し調査・保護活動に取り組んでいる。
 今年は5月18日に上陸、28日に産卵を初確認。調査員が夜通し交代で浜を歩き、上陸してきたウミガメを探す本格的な調査が始まった6月15日以降では、21日朝までに上陸7回、産卵5回を確認している。
 20日夜には、甲羅の長さが90センチほどある雌が上陸しているのを調査員が午後10時40分ごろに発見。アカウミガメは穴を掘ってピンポン球ぐらいの大きさの卵を産んだ後、砂を掛けて埋め、21日午前0時すぎに海に戻った。観察に訪れていた神奈川県藤沢市の小説家、横田創さん(48)は「初めて見ることができた。想像していたよりもカメは大きかった。産卵に立ち会えて感動」と笑顔を見せた。
 協議会や研究班の調査によると、2018年(上陸期間5月23日~8月10日)は上陸162回、産卵59回。過去10年では、それまで最も少なかった15年(5月24日~8月14日)の上陸176回、産卵82回を下回った。
 協議会の松沢慶将会長(50)は「みなべの状況は今の段階では何とも言えないが、数が多い鹿児島県の屋久島や種子島の上陸・産卵状況を地元の関係者からヒアリングしたところ、5月末で昨年の5、6割にとどまっている。出だしが良くないだけなのか、このままずっと悪いままなのかは終わってみないと分からないが、状況は良くない。これから増えてくれることを願っている」と話している。
 産卵シーズンは8月上旬ごろまでで、観察には町教育委員会への許可申請が必要。ライトを照らさない▽フラッシュ・ストロボ撮影は禁止▽産卵するまで近寄らない▽ペット同伴禁止―などのルールがある。町教委は「土曜日の夜はすでに予約で混雑して観察が難しい状況なので、避けていただければありがたい」と話している。詳しくは町ホームページに掲載している。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク