全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正オーナーパティシエ(34)は「時間と共にプルプルになっていくのが面白い。食感の変化も楽しんでほしい」と話している。  マジック・アイスは、冷えると固まる性質がある葛粉に牛乳や砂糖、生クリームを混ぜることで、アイスに近い滑らかな舌触りと、もっちりとした食感に仕上げた。時間が経過しても、溶けることなく形を維持するので、アイスが棒から外れにくく、幼い子どもも手や服を汚さずに食べられるという。  種類は、豊橋産イチゴをふんだんに使った練乳イチゴミルクをはじめ、最高峰のチョコレートと言われる「ヴァローナ」とラズベリームースのケーキを合わせたものや、フルーツがゴロゴロと入ったフルーツミックスなど5~6種類が店頭に並ぶ。  「なるべく国産にこだわり、体に優しい食材を使って上品さのあるアイスに仕上げた」と森さん。地元名産のエディブルフラワーを伝統の手筒花火に見立てた豊橋ならではのアイスも考案中だ。  8月末までの限定発売。1本460円(税込み)。営業時間は午前10時~午後8時で不定休。問い合せはパティスリー モリ(0532・75・7576)へ。

関連記事

新ジャンル、泡盛「尚」を共同開発 八重泉、請福ら県内12酒造所

 【那覇】八重泉酒造や請福酒造を含む県内12酒造所が蒸留を3回行う製法で米こうじの優しい甘みと華やかな香りを引き出した新ジャンルの泡盛「尚」を共同開発した。世界の4大スピリッツとされるウオツカ...

十勝おはぎ 桜の活力に ラグビー日本代表に好評

 ラグビーワールドカップ(W杯)で躍進する日本代表。大会前は十勝産小豆のおはぎが差し入れされ、チームに好評。大会中は試合前の食事「マッチミール」におはぎが採用され、選手の活力になっている。 ...

特色生かし三河体験

蒲郡などでMIKAWA de じゃんだらりん  秋から初冬にかけて三河地方で体験プログラムを展開する「MIKAWA de じゃんだらりん」(実行委員会主催)が1日、蒲郡市などで始まった。12...

長野日報社

コイの水田養殖 廃れた食文化再興にも意欲 伊那市高遠町藤沢

長野県伊那市高遠町藤沢の住民有志が、米を作りながらコイを養殖する試験を水上地区の田んぼで進めている。中山間地水田の活用と維持につなげる狙い。淡水魚に詳しい県内水面漁場管理委員会委員の桐生透さ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク