全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正オーナーパティシエ(34)は「時間と共にプルプルになっていくのが面白い。食感の変化も楽しんでほしい」と話している。  マジック・アイスは、冷えると固まる性質がある葛粉に牛乳や砂糖、生クリームを混ぜることで、アイスに近い滑らかな舌触りと、もっちりとした食感に仕上げた。時間が経過しても、溶けることなく形を維持するので、アイスが棒から外れにくく、幼い子どもも手や服を汚さずに食べられるという。  種類は、豊橋産イチゴをふんだんに使った練乳イチゴミルクをはじめ、最高峰のチョコレートと言われる「ヴァローナ」とラズベリームースのケーキを合わせたものや、フルーツがゴロゴロと入ったフルーツミックスなど5~6種類が店頭に並ぶ。  「なるべく国産にこだわり、体に優しい食材を使って上品さのあるアイスに仕上げた」と森さん。地元名産のエディブルフラワーを伝統の手筒花火に見立てた豊橋ならではのアイスも考案中だ。  8月末までの限定発売。1本460円(税込み)。営業時間は午前10時~午後8時で不定休。問い合せはパティスリー モリ(0532・75・7576)へ。

関連記事

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

荘内日報社

新東北みやげコンテスト最優秀 岡ざきのレトルト「みさきの一軒家」 県内初受..

 東北の新しいお土産品の発掘を目指す「第8回新東北みやげコンテスト」の最優秀賞に、岡ざき(鶴岡市美咲町、岡崎雅也社長)のレトルト食品ブランド「みさきの一軒家」が選ばれた。 同コンテストで最優...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク