全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

安政と昭和の南海地震による津波災害を伝えるモニュメント(田辺市新庄町で)

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。
 国土地理院は3月、過去の津波や洪水など自然災害の情報を伝える石碑やモニュメントを示す「自然災害伝承碑」の地図記号を新たに制定。全国の自治体から石碑の情報を募集していた。
 掲載された田辺市の碑は宝永地震(1707年)、安政南海地震(1854年)、昭和南海地震(1946年)の記録を伝えるもので、新庄町に集中している。
 国土地理院地図のウェブ版で、記号のアイコンをクリックすると碑の写真とともに、碑名や災害名が表示される。さらに写真をクリックすると伝承内容や拡大写真が表示される。
 例えば新庄町の内之浦干潟親水公園のモニュメントは、安政と昭和の両地震による津波の潮位を伝える。説明文では「カニのはさみをモチーフにしたデザインで、はさみの先端が当時の津波潮位」と紹介されている。
 市防災まちづくり課は「碑を知ってもらうことはもちろん、過去からの貴重なメッセージを広く市民に伝えたいと考えた。子どもたちの防災教育にも活用してほしい」と期待している。
 国土地理院は「今後も市町村に碑の情報提供を呼び掛け、定期的に掲載する」としている。市も洪水など津波以外の碑も調査し、掲載を検討するという。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク