全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

安政と昭和の南海地震による津波災害を伝えるモニュメント(田辺市新庄町で)

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。
 国土地理院は3月、過去の津波や洪水など自然災害の情報を伝える石碑やモニュメントを示す「自然災害伝承碑」の地図記号を新たに制定。全国の自治体から石碑の情報を募集していた。
 掲載された田辺市の碑は宝永地震(1707年)、安政南海地震(1854年)、昭和南海地震(1946年)の記録を伝えるもので、新庄町に集中している。
 国土地理院地図のウェブ版で、記号のアイコンをクリックすると碑の写真とともに、碑名や災害名が表示される。さらに写真をクリックすると伝承内容や拡大写真が表示される。
 例えば新庄町の内之浦干潟親水公園のモニュメントは、安政と昭和の両地震による津波の潮位を伝える。説明文では「カニのはさみをモチーフにしたデザインで、はさみの先端が当時の津波潮位」と紹介されている。
 市防災まちづくり課は「碑を知ってもらうことはもちろん、過去からの貴重なメッセージを広く市民に伝えたいと考えた。子どもたちの防災教育にも活用してほしい」と期待している。
 国土地理院は「今後も市町村に碑の情報提供を呼び掛け、定期的に掲載する」としている。市も洪水など津波以外の碑も調査し、掲載を検討するという。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク