全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

トラフグの胸びれをカットする組合員ら(旭水産車えび養殖場の護岸で)

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の旭水産車えび養殖場の養殖池で1カ月かけて中間育成した。    放流は、同養殖場近くの護岸から実施した。追跡調査の目印になるよう、4万匹のうち1万8000匹の右胸びれを、県職員や県漁協吉佐支店の組合員35人がかりで1匹ずつはさみで切除し、ホースで流した。    トラフグは放流から1年半ほどで体長30㌢になり、雄は2年、雌は3年で成魚となるという。日本海や瀬戸内海、東シナ海を回遊し、産卵場となっている下関や周南沖に戻ってくる傾向があることが標識調査などで分かっている。同センター企画情報室の岩政陽夫主任は「放流事業や調査を漁業資源の回復につなげたい」と話していた。    昨年度の県内のトラフグの水揚げ量は59㌧で、5年前の13年度と比べると9・2%、6㌧減っている。今年度は7月中旬までに県内で50万匹の放流が予定されている。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク