全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

トラフグの胸びれをカットする組合員ら(旭水産車えび養殖場の護岸で)

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の旭水産車えび養殖場の養殖池で1カ月かけて中間育成した。    放流は、同養殖場近くの護岸から実施した。追跡調査の目印になるよう、4万匹のうち1万8000匹の右胸びれを、県職員や県漁協吉佐支店の組合員35人がかりで1匹ずつはさみで切除し、ホースで流した。    トラフグは放流から1年半ほどで体長30㌢になり、雄は2年、雌は3年で成魚となるという。日本海や瀬戸内海、東シナ海を回遊し、産卵場となっている下関や周南沖に戻ってくる傾向があることが標識調査などで分かっている。同センター企画情報室の岩政陽夫主任は「放流事業や調査を漁業資源の回復につなげたい」と話していた。    昨年度の県内のトラフグの水揚げ量は59㌧で、5年前の13年度と比べると9・2%、6㌧減っている。今年度は7月中旬までに県内で50万匹の放流が予定されている。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク