全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御神渡り「現る」 5日に拝観式

御神渡り「現る」

諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)は2日、御神渡りが出現したと発表した。2013年1月以来5季ぶりで、2月に現れたのは2012年以来6季ぶり。同日夜には同神社で臨時総代会を開き、出現日とすることを決めた。5日に拝観式を行い、正式に認定する。

同日の諏訪湖は、一面雪で真っ白。氏子総代たちは雪をかき分け、氷上での観察を行った。諏訪市豊田の舟渡川河口の沖合約5メートルで斧(よき)を入れると、氷の厚さは8センチだった。近くの旧六斗川河口付近では、積雪の下に御神渡りの始点となる「下座(くだりまし)」を確認。下諏訪町の高木には終点の「上座(あがりまし)」もあり、雪の重さでつぶされることなく、氷のせり上がりが見られた。

同神社は1月5日から湖の観察を開始。「いつもより寒い冬が来た」と期待し観察を続けたが、結氷状況は一進一退を繰り返した。同月13日にほぼ全面結氷したものの、雨や気温上昇の影響を受けて解氷。同27日に再び全面に氷が張った。連日の厳しい冷え込みで結氷状態は安定し、岡谷市湊や下諏訪町高木を含め複数現れた氷の筋は順調に隆起。御神渡りの出現となった。

特殊神事の拝観式で認定されれば、正式な御神渡りとなる。宮坂清宮司は「寒波が来る予報もあり、拝観を心待ちにしている。安全対策などの準備に、本格的に取り掛かりたい」と話していた。

毎朝湖の観察をしている監視総代の藤森薫さんは「ようやくできた。昨年も1月に2回全面結氷したが出現せず、今年も諦めかけていた。感慨深くとてもうれしい」。同じく岩本敏雄さんは「待望の出現。今までできなくてさみしかった。諏訪人ならではの喜びがある」と笑顔を見せた。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク