全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

納品に向けてトレーラーに積み込まれる処理装置(妻崎開作で)

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採用された。19日に同発電所に納品され、福島の電力を支える一助となる。    IGCCは、石炭をガス化して利用する発電システムで、従来の石炭火力発電に比べ、発電効率が約10~15%向上し、二酸化炭素の低減にも寄与する。世界最新鋭の設備を用いた同発電所の建設は、福島の復興電源と産業基盤創出に位置付けられており、2019年9月に運転開始予定で出力は54万㌔㍗となっている。    ミズコシタロウは、化学薬品を使用せず、高分子マイクロフィルターで土粒子だけを除去できる装置で、2008年12月、勿来のIGCC実証プラントに採用された。現地での試験運転で、石炭スラグ冷却水の濁度低下と濁水を原因とする他の機器への負担が低減することを確認。同発電所の建設にあたり、商用機としての採用が決まった。    納品するのは、毎時20~40㌧の処理能力がある汎用(はんよう)品「MTP20│40」を改良したもの。大きさは全長6・9㍍、全幅2・7㍍、全高2・7㍍。重さは8・6㌧あり、3台を1ユニットで納入した。汚濁水を毎時90㌧処理する能力を持つ。    化学薬品を使わず、ろ過した汚濁水をほぼ100%再利用できること、2年に1度の交換で済む高分子フィルターの耐久力などが採用の決め手となった。IGCC発電の石炭ガス化炉を製作する三菱日立パワーシステムズ(河相健社長、本社神奈川県横浜市)の厳しい基準もクリア。装置については、同社との共同特許を出願中。福島県広野町で20年に運転開始予定のIGCCを用いた広野火力発電所にも納品される予定という。    中村社長は「わが社が始まって以来の難業を達成できたことは大きな財産。これから福島の電力を支える装置の一つとして、25年間、稼働し続けなければならない責任はあるが、技術者冥利(みょうり)に尽きる。地域課題を解決する一助になったことはうれしい」と話した。  

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク