全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光誘客事業の新潟県・庄内エリアプレDCの成果と課題などを総括し、10―12月のDC本番へ関係機関と連携し一丸となって誘客に取り組む本年度事業計画を決めた。

推進協議会県推進部会総会の様子

 初めに皆川部会長が「日本海側の雄大な自然やおいしい食の都庄内の魅力を体感し、満足していただけるようにオール山形、オール庄内で一丸となって取り組み、DC本番、アフターDC、2021年の東北DCへつなげていきたい」とあいさつした。プレDCの事業実績では、入込数は施設によりばらつきはあったもののおおむね好調で、JRびゅう商品による庄内への宿泊販売数が前年を大きく上回ったことなど成果が報告された。DC本番へ首都圏や隣県からの誘客をさらに促進するため、旅行会社などへの直接的、継続的な情報発信や、二次交通への支援など課題が挙げられた。

 本年度事業計画では、新潟県・庄内エリアDC推進協ややまがた観光キャンペーン推進協などと連携し、プレDCで展開した各事業の拡充や首都圏誘客キャラバンなどを展開。受け入れ企画や二次交通情報を掲載した庄内エリアガイドブック作成、新観光列車「海里(かいり)」や特別列車乗客へのおもてなし(40回程度)、タクシープランなどの利用者を対象に立ち寄り施設などで利用できる買い物クーポン(500円利用券)の発行―など新規事業を決めた。

 DC期間に庄内エリアで新たに加わる誘客対策・受け入れ企画は▽ずわいがにキャンペーン▽港町酒田寿司キャンペーン▽秋の農家体験カラトリ芋掘って編んで食べて!▽旧庄内藩主酒井家の鶏飯(けいはん)▽本間家創業330年企画展▽北前横町クーポンキャンペーン▽定期周遊観光バス「おいしい食の都庄内DC号」運行―など。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク