全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

長信田太鼓、迫力のばちさばき

メンバーのこん身の演奏が観衆を魅了した長信田太鼓のライブ(三種町山本ふるさと文化館で)

 三種町森岳の長信田の森心療クリニックに通う若者たちによる第7回長信田太鼓ライブは16日、山本ふるさと文化館で開かれ、メンバーらが稽古の成果を込めた迫力の演奏を繰り広げた。曲紹介では仲間と共にステージで演奏できる喜びや地域の人たちへの感謝などを語り、その成長した姿が満員の観衆の心を打った。

 平成21年の結成から10周年の節目のライブで、10~20代の若者と長信田太鼓代表で同クリニック臨床心理士の水野京子さんの計10人に加え、OBも出演した。
 「天鷲~正面から取り組まずば、得るものなし」と銘打ったライブは、これまでで最も難易度が高いという新曲「天鷲」で幕開け。時に雄たけびを上げながら鬼気迫る表情で太鼓を打ち鳴らし、観衆を一気に引き付けた。
 水野さんは「前が見えなくてやめてしまおうとも思った」とこの日のステージにたどり着くまでの労苦を語ったほか、メンバーが激しいパフォーマンスに息を切らしながら曲紹介を行い、「仲間を感じてみたかったから」「先輩のようになりたくて」などと長信田太鼓に加わった理由や周囲の人たちへの感謝を伝えた。
 6人のOBが私服のままばちを握り、ブランクを感じさせない熱演を披露する一幕もあった。今春、東京都内の洋菓子店に就職した宮崎柚希さん(18)は「後輩の演奏を見て、また仕事を頑張りたい」とステージで笑顔を見せた。
 2時間以上にわたり全8曲を演奏、アンコールにも応えて拍手喝采の中でライブは終了した。リーダーの佐々木琉海君(17)は「太鼓をやる前は、嫌なことがあればすぐに逃げ出してしまう自分がいた。演奏中は、お世話になった人たちのことを思いながら頑張ることができた。すがすがしい気持ちでいっぱい」と話し、応援に駆け付けた恩師らのねぎらいに涙を見せていた。

関連記事

荘内日報社

スマート農業学ぶ

 今春開校した鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」で26日、初めての一般農業者向けの公開講座が開かれた。市内の若手農業者らが参加し、情報通信技術(ICT)などを活用した先進的なスマート...

紀伊民報社

「姫ひじき」が激減 来季に向け海岸清掃

 和歌山県串本町姫の特産品「姫ひじき」の水揚げ漁が激減している。多い年で約6トン(乾燥状態)、近年は約4トンを収穫していたが、昨年は約2・6トンと減少し、今季は680キロとさらに少なかった。来季...

宇部日報社

県立美術館再開、入場者数など制限

 県立美術館で26日、特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」が開幕した。新型コロナウイルス感染防止対策の徹底の中、多くの人が訪れ「北欧のフェルメール」と称されるヴィルヘルム・ハマスホイ(1864~...

返礼品は「十勝初仕込み」 「碧雲蔵」資金募る

 上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は27日、帯広畜産大学内に開設される酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」を多くの人に知ってもらうため、クラウドファンディングhttps://wwwmakuakecom/project/kamik...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク