全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

身障者が島内観光満喫  八重山JCがツアー開催 意見、要望を市に提言へ

八重山青年会議所が主催した市内観光で、初めてカヌーを体験する身障者ら=9日午前、宮良川(同会議所提供)

 一般社団法人八重山青年会議所(八重山JC・上地誠理事長)は9日、「次世代につなげるユニバーサルツーリズム」と題し、石垣市内の身体障がい者23人(視覚8人、聴覚7人、肢体8人)が参加して島内3カ所を巡る観光ツアーを実施した。

 同JCが今年度実施する共生社会推進事業の一環。同JCが市身体障がい者団体協議会(石垣里八会長)に働き掛けて希望を募ったところ、「普段行けないところに行きたい」「郷土の歴史についてしっかり知りたい」などの声を受け、宮良川カヌー体験、底地ビーチでのバーベキュー、八重山博物館見学の市内観光を行うことに。

 ツアーには関係者や看護師など計75人が参加。八重山商工高校観光コースの2年生16人も参加し、底地ビーチで八重山芸能の余興を披露、互いに交流しながら意見を交わした。

 同JC共生推進委員会の国仲恵亮委員長は「身障者と一緒に観光地を回り、施設の狭さや団体での身障者客の受け入れ態勢など、車いすでのビーチの移動、社会で生活する上でどこに改善が必要か具体的に実感できた」と振り返った。

 同JCは、ツアーで出た意見や要望などを提言書にまとめ、近く市に提出する考え。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

ラグナシアプールに恐竜世界のジュラグーンオープン

 蒲郡市海陽町のラグナシアで13日、プールエリアに新しいアトラクション「ジュラグーン」がオープンした。  恐竜や動物が集うジャングルをイメージ。大量の水が落ちてくる「水バケツ」など子どもから大人ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク