全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

身障者が島内観光満喫  八重山JCがツアー開催 意見、要望を市に提言へ

八重山青年会議所が主催した市内観光で、初めてカヌーを体験する身障者ら=9日午前、宮良川(同会議所提供)

 一般社団法人八重山青年会議所(八重山JC・上地誠理事長)は9日、「次世代につなげるユニバーサルツーリズム」と題し、石垣市内の身体障がい者23人(視覚8人、聴覚7人、肢体8人)が参加して島内3カ所を巡る観光ツアーを実施した。

 同JCが今年度実施する共生社会推進事業の一環。同JCが市身体障がい者団体協議会(石垣里八会長)に働き掛けて希望を募ったところ、「普段行けないところに行きたい」「郷土の歴史についてしっかり知りたい」などの声を受け、宮良川カヌー体験、底地ビーチでのバーベキュー、八重山博物館見学の市内観光を行うことに。

 ツアーには関係者や看護師など計75人が参加。八重山商工高校観光コースの2年生16人も参加し、底地ビーチで八重山芸能の余興を披露、互いに交流しながら意見を交わした。

 同JC共生推進委員会の国仲恵亮委員長は「身障者と一緒に観光地を回り、施設の狭さや団体での身障者客の受け入れ態勢など、車いすでのビーチの移動、社会で生活する上でどこに改善が必要か具体的に実感できた」と振り返った。

 同JCは、ツアーで出た意見や要望などを提言書にまとめ、近く市に提出する考え。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク