全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。

 脱皮する生物では2種を紹介。成長するために皮を脱ぐイセエビと、病気の元となる虫を体から落とすために脱ぐハダカハオコゼ(上写真)が見られる。  他の生物のために「一肌脱ぐ」のは残りの7種。他の魚の体に付いた虫や歯のすき間に挟まったゴミを食べるホンソメワケベラ、子どもと一緒に1年間同じ巣穴に暮らすコンビクトブレニー、卵を産んだ後に口に含んでふ化するまで育てるアフリカン・シクリッド(下写真)、自らの体をエビに食べさせるコブヒトデを取り上げている。

 飼育スタッフの塚本祐輝さんは「成長のためでなく、仲間や他の生物のためにも尽くしている水生生物がいることを知ってもらえれば」と話している。

関連記事

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

紀伊民報社

男女の対戦も白熱 白浜ビーチラグビー開幕

 和歌山県白浜町の白良浜で29日、第24回ビーチラグビー白浜大会(大会実行委員会など主催)が始まった。30日まで。  ビーチラグビーは日本発祥で、アメリカンフットボールとラグビーを合わせたような...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク