全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトなどで公開している。

映像のことを紹介した協力隊通信を手にする阿部さん

 阿部さんは同市漆曽根生まれ。昨年5月に東京都内からUターンし、酒田市の地域おこし協力隊員になった。「庄内弁は郷土の誇り。大切にしたい」と、在京時代から庄内弁ドラマ「んめちゃ!」シリーズを自主制作し、昨秋も大沢地区を舞台にしたシリーズ第3弾を制作、動画配信サイト「You Tube」で配信し、話題を呼んでいる。

 今回は、阿部さんのこうした活動を知った松山観光バス(同市)の池田新専務取締役から今年2月ごろ、「バス車内の安全を啓発する映像を、庄内のPRを兼ねて作ってほしい」と提案された。阿部さんが監督・撮影・編集を担当し、4月初旬に酒田市の大沢地区や玉簾の滝、眺海の森、鶴岡市由良など庄内各地の観光スポット約10カ所で、庄内各市町の地域おこし協力隊員11人や各地域住民、同観光バス社員に出演してもらい、撮影した。

 完成した映像は「庄内じょんだ もっけだ囃子(ばやし)」(長さ約2分)。軽快な「証城寺の狸囃子」のメロディーに、「もっけだんども(申し訳ないけど)シートベルト 締めでの」「車内のゴミだば たないで(持って)帰れの」など庄内弁の歌詞で、バスの安全な乗り方やマナーを呼び掛けている。また、各観光スポットを背景に、協力隊員や住民がオリジナルの振り付けで楽しそうに踊っている。国内外の観光客らが見ることを想定し、庄内弁、共通語、英語の3種の歌詞の字幕を付けた。先月下旬からYou Tubeで公開しているほか、松山観光バスがDVDにして観光バスの車内で流し、安全啓発や庄内のPRに生かしている。

 阿部さんは「庄内には面白い場所がたくさんあるが、あまり知られていない。一人でも多く、そうした場所に行ってほしい。庄内でこんな面白いことをやっていると発信し、庄内に関心を持ってもらえたら」と映像に寄せる思いを語った。

「庄内じょんだ もっけだ囃子」のひとコマ=You Tubeより

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク