全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札幌の旅行会社もバターチャーンを目当てにふるさと館の見学を組み込んだツアーを企画するなどちょっとした脚光を浴びている。

「なつぞら」にも登場するバターチャーンを所蔵する幕別町ふるさと館。ドラマの効果か来館者が伸びている

 ふるさと館では昔の農機具など郷土資料約5000点を所蔵する。バターチャーンは1979年に町内の農家から寄贈された。輸入物で直径43センチ、高さ53センチ。昨年5月にNHK制作局に貸し出し、今年3月に返却された。

 「なつぞら」では草刈正雄さん演じる柴田泰樹のバター作りのシーンでバターチャーンが登場している。ふるさと館によると、ドラマで使われているバターチャーンは同館が所蔵するものより小ぶりで、「実物を元にレプリカを作ったのではと想像している」とする。

 なつぞらの放送が始まってから「バターチャーンはどこ?」と聞く来館者も見られるなど、ドラマの注目の高さがうかがえる。5月に続いて6月の来館者も順調に推移し、13日現在で53人(前年同期8人)となっている。

 同館ではバターチャーンの他、分離器とバターウォーカー(出来上がったバターをこねる道具)もNHK制作局に同時に貸し出したが、これらはまだ返却されていない。同館では今後、ドラマで登場するのか注目している。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

ラグナシアプールに恐竜世界のジュラグーンオープン

 蒲郡市海陽町のラグナシアで13日、プールエリアに新しいアトラクション「ジュラグーン」がオープンした。  恐竜や動物が集うジャングルをイメージ。大量の水が落ちてくる「水バケツ」など子どもから大人ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク