全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

例大祭に向けて、大たいまつの製作を進める宮大工(14日、那智勝浦町那智山で)

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。
 熊野那智大社によると、大社で祭っている神々はもともと現在の那智の滝付近で祭られており、扇祭りは神々が年に1度、滝に里帰りし、神威を新たにするという神事。神々が那智の滝の姿を表したという扇みこし12体に乗って渡御し、氏子らが大たいまつを担いで火の粉を散らし、参道を炎で清める。
 大たいまつは長さ約1・4メートルで、重いものは50キロほど。宮大工の嶌﨑和真さん(37)が中心となって3月中旬から作っており、細長く加工したヒノキを円筒状に束ねるなどして製作。7月10日ごろまでに12本を仕上げる。
 嶌﨑さんは「今年は例大祭が日曜で、世界遺産登録15周年という節目でもあり、例年以上に多くの方が来られると思う。見応えのある例大祭が無事に営めるようにと願いながら作っている」と話している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク