全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

例大祭に向けて、大たいまつの製作を進める宮大工(14日、那智勝浦町那智山で)

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。
 熊野那智大社によると、大社で祭っている神々はもともと現在の那智の滝付近で祭られており、扇祭りは神々が年に1度、滝に里帰りし、神威を新たにするという神事。神々が那智の滝の姿を表したという扇みこし12体に乗って渡御し、氏子らが大たいまつを担いで火の粉を散らし、参道を炎で清める。
 大たいまつは長さ約1・4メートルで、重いものは50キロほど。宮大工の嶌﨑和真さん(37)が中心となって3月中旬から作っており、細長く加工したヒノキを円筒状に束ねるなどして製作。7月10日ごろまでに12本を仕上げる。
 嶌﨑さんは「今年は例大祭が日曜で、世界遺産登録15周年という節目でもあり、例年以上に多くの方が来られると思う。見応えのある例大祭が無事に営めるようにと願いながら作っている」と話している。

関連記事

紀伊民報社

ジャバラ収穫始まる

 和歌山県北山村特産のかんきつ「ジャバラ」を栽培している村営農園で16日、果実の収穫が始まった。「今年は天候に恵まれ作柄も良い」と担当者。収穫は12月上旬まで続く見通し。  ジャバラは村に自生し...

池田に待望の本屋オープン 「手に取り選べる」と好評

 池田町内唯一の書店「さくら書房」が15日、町内の電器店「デンキのホームライフ」(大通5、中村吉孝代表)の店舗内の一角にオープンした。2017年12月に町内に1店だけあった書店が閉店して以来、およ...

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク