全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

厚床中伝統すずらん贈り/厚床駅100年でOBも参加

厚床駅開駅100年に花を添える厚床中のすずらん贈り

 今年開駅100周年を迎えるJR厚床駅で14日、厚床中学校の生徒による「すずらん贈り」が行われた。列車の乗客に校区内に咲くスズランをプレゼントするもので、この日は1963年の初回に参加していた卒業生も駆け付け、生徒たちと共に花を配った。40年前にも花をもらったという乗客も偶然乗り合わせており、同校の伝統を感じさせる贈り日となった。

 厚床駅は1919(大正8)年11月25日に開駅。当時は根室本線の最東端駅、根室管内初の駅として開業。終点・根室駅の開業は、その2年後になる。根室管内を結ぶ標津線の分岐駅だったこともあり、60年代には年間20万人を超える人が利用していた。

 その駅のお膝元・厚床中学校(高橋昭校長、生徒数13人)は47年に開校し、63年には「すずらん贈り」を始めている。当時は花束にしていたが、今は一輪ずつ手渡している。

 厚床で飲食店を経営する岩田民子さん(68)は57年前の初回経験者。開駅100年に文字通り花を添えることになったが「こんなに続くとは思っていなかった。これからも頑張ってほしい」と後輩たちにエールを送った。

 この日のすずらん贈りには生徒11人、教諭8人が参加。JR根室駅の薄井冠一駅長が見守る中、午前11時50分、厚床駅に乗客15人が乗った釧路行きの「快速はなさき」が到着すると、子供たちは旅の無事を祈念する手作りのしおりとスズランを手渡した。

 東京在住で旅行中だという扇敬子さん(78)は「スズランが大好きなのでうれしい。生徒さんたちには家に植えると約束しました」と喜んでいた。高橋校長に「40年前にももらった」と伝える乗客もいるなど歴史を感じさせる場面も。  生徒会長の工藤悠稀さん(14)=3年=は「お客さんの笑顔を見られ、スズランも渡すことができて良い思い出になった」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク