全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

厚床中伝統すずらん贈り/厚床駅100年でOBも参加

厚床駅開駅100年に花を添える厚床中のすずらん贈り

 今年開駅100周年を迎えるJR厚床駅で14日、厚床中学校の生徒による「すずらん贈り」が行われた。列車の乗客に校区内に咲くスズランをプレゼントするもので、この日は1963年の初回に参加していた卒業生も駆け付け、生徒たちと共に花を配った。40年前にも花をもらったという乗客も偶然乗り合わせており、同校の伝統を感じさせる贈り日となった。

 厚床駅は1919(大正8)年11月25日に開駅。当時は根室本線の最東端駅、根室管内初の駅として開業。終点・根室駅の開業は、その2年後になる。根室管内を結ぶ標津線の分岐駅だったこともあり、60年代には年間20万人を超える人が利用していた。

 その駅のお膝元・厚床中学校(高橋昭校長、生徒数13人)は47年に開校し、63年には「すずらん贈り」を始めている。当時は花束にしていたが、今は一輪ずつ手渡している。

 厚床で飲食店を経営する岩田民子さん(68)は57年前の初回経験者。開駅100年に文字通り花を添えることになったが「こんなに続くとは思っていなかった。これからも頑張ってほしい」と後輩たちにエールを送った。

 この日のすずらん贈りには生徒11人、教諭8人が参加。JR根室駅の薄井冠一駅長が見守る中、午前11時50分、厚床駅に乗客15人が乗った釧路行きの「快速はなさき」が到着すると、子供たちは旅の無事を祈念する手作りのしおりとスズランを手渡した。

 東京在住で旅行中だという扇敬子さん(78)は「スズランが大好きなのでうれしい。生徒さんたちには家に植えると約束しました」と喜んでいた。高橋校長に「40年前にももらった」と伝える乗客もいるなど歴史を感じさせる場面も。  生徒会長の工藤悠稀さん(14)=3年=は「お客さんの笑顔を見られ、スズランも渡すことができて良い思い出になった」と話していた。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク