全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紙飛行機 宇宙から地表へ MOMO4号機で放出 大樹IST

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は、今夏の打ち上げを目指している観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機に折り紙飛行機を搭載し、宇宙空間(高度100キロ以上)から飛ばして地表に帰還させる取り組みに挑戦する。ISTによると「世界初の試み」。4号機ではスポンサー企業の日本酒を燃料に混ぜることも決まっており、エンターテインメント性の高い商業ロケットとしてプロジェクトの成功を目指す。

 ISTは5月4日に打ち上げたMOMO3号機が最大高度113.4キロを計測、国内の民間ロケットとして初めて宇宙空間に到達した。後継機の4号機は全長約10メートルで、3号機から大きさの変更や大幅な改良点はない。

 宇宙から折り紙飛行機を飛ばす取り組みは、精密鋳造会社キャステム(広島)社長の戸田拓夫さんの発案。同社はISTが2023年の打ち上げを目指す人工衛星軌道投入ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発を支える法人サポート組織「みんなのロケットパートナーズ」のメンバーで、戸田さんは折り紙飛行機の室内滞空時間でギネス世界記録を持っている。

 搭載する紙飛行機は全長約20センチで空中に放つと扇子状に広がる。紙の表面には特殊加工を施す。ロケットには3機搭載し、高度100キロ以上で放出、海上か陸上に落下させる。

 ISTによると紙飛行機は軽量のため、大気圏突入時はマッハ7以下になり、高熱で燃えることはない。ISTは紙飛行機放出用の装置を開発し、機体に内蔵する。

 戸田さんは「宇宙から紙飛行機を飛ばす長年の夢をぜひ実現したい」と意欲満々。稲川社長は「3号機で宇宙到達の目標を達成し、4号機では他の人の宇宙への夢をかなえたい。放出装置が成功すればモモの利用の可能性も広がる」と話している。

 ISTは4号機の打ち上げに向けて、インターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。支援者の名前や企業名を紙飛行機に掲載する。

 CF運営会社「キャンプファイヤー」のサイトで受け付けている。金額は5000円から。目標額は2700万円。募集期間は7月10日まで。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク