全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

キッチンカーで地元産野菜の魅力発信

地元野菜の魅力を発信している倉本さん(右)と実兄の村田さん(東吉部の畑で)

 キッチンカーで宇部市内外のイベントに出向き、吉部地区で取れた旬野菜をふんだんに使ったメニューを提供している人がいる。店主は美祢市秋芳町から同地区に移り住み、3月に創業した倉本宗さん(24)。おいしい料理と共に、地元野菜の魅力、生産者からじかに聞いた知識を伝えている。    余計な味付けをせずに素材のおいしさを存分に引き出したいと、「minimum(最小限)」などの言葉にちなんで屋号を「Mキッチン」と名付けた。同地区で就農研修を受けている実兄の村田誠也さん(37)=美祢市美東町=と一緒に接客することもある。    現在の主力はサンドイッチ。吉部産リーフレタスやラディッシュを県産地鶏と共にパンに挟むバーガー風で、手の込んだ野菜風味のソースは手作りだ。市販の調味料を使わずに作るカレーライスも好評。ホテルの洋食店で学んだ知識を生かしている。    倉本さんは田畑や森林に囲まれた場所で生まれ育ち、農業になじみがあった。建築業界などで経験を積んだ後、山口市内の洋食店で調理や接客をするうちに「店を持ちたい」と思うように。自身には店舗よりも、客先に出向けるキッチンカーが合っていると考えた。    創業前に「やるなら野菜で勝負したい」と強く思い、知人の宇部市中山間地域支援員から、吉部には見た目や味が良く、市場に出回りにくい野菜を作る若手が多いと聞き、移住を決意。経営手法は中央町のうべ産業共創イノベーションセンター志で学んだ。    営業開始から3カ月。土・日曜ごとに北部地域や市外のイベントに出店し、客や地域の人と積極的に交流している。平日も生産者と会ったり、メニューを開発したり、吉部での人脈も着々と広げている。今後は営業日を拡大して、村田さんが手掛ける白いトウモロコシやスナップエンドウなども販売したいという。    「生産者の方から野菜のおいしい調理法、旬の時期などを勉強させてもらう毎日。もっと多くの人とつながり、吉部を含む北部地域を盛り上げるお手伝いができたら」と意気込む。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク