全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

身近な自然の魅力伝える 奄美マングースバスターズが出前授業

西さん(左)の説明を聞き、昆虫を観察する児童たち=12日、奄美市名瀬小湊

 鹿児島県奄美市の小湊小学校(岸田さゆり校長、児童16人)で12日、奄美マングースバスターズによる外遊びの出前授業があった。西真弘さん(46)と後藤義仁さん(44)が講師となり、学校周辺を散策しながら昆虫などを採集。児童らへ身近な自然と触れ合う楽しさを伝えた。

 出前授業は島の子どもたちへ地元の野山の魅力を伝え、身近にある豊かな自然や環境保全に関心を高めてもらう目的。西さんが小湊小のPTAでもあることから、同校で毎年実施している。

 この日は3、4年生7人と、交換留学で訪れている市内の3~6年生の児童20人が参加。虫捕り網を手に、学校近くの田畑を歩いて回った。

 地元で「ジバチ」と総称する蜂の一種「キンモウアナバチ」を見つけた西さんは「地面に穴を掘って暮らしていて、バッタなどに麻酔を打って卵を生みつける。金色の毛が生えたこの種類は手でつかんだりしない限り刺さないので怖がらないで」などと説明した。

 地域の子どもたちが「ハトポッポ」と呼ぶアオバハゴロモや有毒のカミキリモドキ、糸のように細いリュウキュウベニイトトンボなど次々と昆虫が見つかり、児童たちは目を輝かせていた。

 散策ルートは近くに小川があり、夜は猛毒のハブも出没する場所。また、川には外来種のアメリカザリガニも繁殖していた。講師の2人は素足でやぶに入らないなど外遊びの際の注意を呼び掛けつつ、島の生態系を脅かす外来種駆除の苦労を伝えた。

 幼い頃から虫捕りが大好きだったという西さんは「生息地の伐採は生態系に一番ダメージを与える。自然環境を守ることが昆虫や動物を守ることにつながると子どもたちに知ってもらいたい」と語った。

 小湊小4年の児童は「虫が好きで普段からよく観察に行く。いつか(奄美大島にしか生息していない準絶滅危惧種の)アマミミヤマクワガタに会ってみたい」と話していた。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク