全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地域の水田で稲刈り 川平小中児童44人が体験

収穫した稲の束を、コンバインに付いた自動脱穀機に投入していく川平小中学校の児童ら=13日午後、市川平の水田

 川平小中学校(仲地秀将校長)の児童44人は13日午後、地域の水稲農家・大濵永太郎さん(63)の水田で稲刈り体験を行った。2月19日に植え付けた苗から、たわわに実った稲200㌔余りを手作業であっという間に刈り取り、コンバインに付いた自動脱穀機と、昔ながらの足踏み式の両方で脱穀作業を行った。

 生産活動の楽しさや、稲の成長の喜びを味わうことなどを目的に毎年実施している。地域内での個別販売や、収穫したもち米での餅つき、豊年祭に各家庭から御嶽に供えられるカーサームーチー作りなど、一連の流れを学ぶことで地域への愛着や理解を高める狙いもある。

 刈った稲の束をどっさり抱えた吉川三四朗君(6年)は「稲を一から育てるだけでなく、たくさん収穫して売れるのも楽しい。おいしく笑顔で食べてほしい」と話した。

 長年、水田を貸している大濵さんは「作物の大切さを学べるよう、米一粒も残さず取るよう教えている。高学年が低学年の面倒を見ながら互いに協力し合い、生育中も水田にいる虫のことをよく見に来ていた」と目を細めた。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク