全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「満足」ユネスコが評価 食文化創造都市 4年間の取り組みと今後の計画

 ユネスコ創造都市ネットワークの食文化分野に加盟する鶴岡市が提出した過去4年間の取り組みと今後4年間の活動計画をまとめた報告書について、ユネスコが3段階で中位の「満足」と評価した。「不満足」の評価が2回続くと加盟認定見直しの可能性があるもので、同市は「ユネスコから鶴岡の取り組みが、まずまずの評価を受けた」と受け止めている。

 創造都市ネットワークはユネスコが2004年に設けた制度で、鶴岡市は7つの分野のうち食文化で14年12月1日に加盟認定された。加盟都市は4年に1度、ユネスコに対して取り組み状況を報告する義務があり、報告書を同ネットワーク加盟の幹事都市が評価したものを、最終的にユネスコが評価する。全体評価は「とても満足」「満足」「不満足」の3段階あり、個別項目の▽地域内の取り組み▽創造都市間の取り組み▽今後4年間の取り組み―については5段階で評価を受ける。

 同市は初の評価となり、昨年11月末に報告書を提出。今月11日、イタリアで開催された加盟都市による総会で、報告書提出の各都市に対する評価内容が発表されたという。

 鶴岡市の報告に対する評価は、個別の3項目がいずれも上から2番目の「とても良い」で、全体は「満足」だった。特に興味深い優良事例として市内の飲食店と連携した「鶴岡のれん」、食文化創造都市などへの料理人研修派遣制度と料理人の自己研さんへの支援事業、郷土食や行事食をまとめた冊子「つるおかおうち御膳」、子どもたちへの食育・地産地消の取り組みなどが挙げられた。

 一方で、鶴岡の食文化分野の取り組みが保存・継承に集中しており、ユネスコの創造都市ネットワークが目的とする「革新的・創造的な取り組み」が不足していることや、今後4年間の活動計画が持続可能な開発目標(SDGs)などユネスコが掲げる目標とのつながりが明確でないといったことが「弱い点」として指摘された。

 市は今回の評価も踏まえた新たな食文化創造都市推進プランの策定を進めている。同市食文化創造都市推進課は「今後は鶴岡の強い点を堅持するとともに、弱いと指摘された点を克服し、食文化創造都市として『食』の可能性をさらに追求していきたい」と話している。

ユネスコから優良事例として評価されたレシピ集「つるおかおうち御膳」。これを基に伝統的な郷土食や行事食を学び、伝承する料理教室が開催されている=5月12日

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク